「高級食パン」ブームに異変、消費マインドを分析 「高級食パン指数」からわかる消費の先行き

印刷
A
A

筆者は、家計調査における消費金額と消費数量データより求めた「食パン」の単価を、消費者物価指数の「食パン」の指数で除した「高級食パン景気指数」を独自に算出してきた 。「高級食パン景気指数」は、家計が購入する「食パン」が相対的に高いものに向かっているかどうかを示しており、「高級食パン」の食パン市場全体における「シェア」の代理変数と言える。

「プチ贅沢」と「巣ごもり消費」は一巡

指数によると、確かに足元で急速に悪化している。しかし、「ブームの終焉」のほかに、2021年後半からは何らかの下押し要因があったと考えられる。その正体は、①プチ贅沢マインドの低下と、②巣ごもり消費の一巡、だと、筆者は考えている。

次ページ一過性ブームの要因を除いた動きは?
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT