「高級食パン」ブームに異変、消費マインドを分析 「高級食パン指数」からわかる消費の先行き

印刷
A
A

「高級食パン」ブームの特徴は、他のブームよりもかなり息が長かったことである。Googleトレンドで「タピオカ」「マリトッツォ」のスコアの推移と比べると、「高級食パン」のスコアは典型的なブームとは異なる動きとなっている。

おそらく、「高級食パン」も短期的なブームで終わった可能性もあったが、コロナ禍における「巣ごもり需要」と強制貯蓄(コロナ禍で消費ができなかったお金の蓄積)や現金給付金による特需が「プチ贅沢」のニーズとなり、注目を集め続けたのだろう。そのように考えると、そもそも「ブームの終焉」が、足元の消費者態度の変化によってもたらされている可能性もある。

なお、筆者が知る限り「わらび餅」(正確には「わらび餅ドリンク」)がポスト・タピオカとして(一部で)注目されているようだが、現状では盛り上がりに欠けるようである。「高級食パン」のような時代にマッチした商品はなかなか生まれにくいのだろう。

今後は、新たなヒット消費が注目されるか否かが、プチ贅沢復活のシグナルとなりそうだ。

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT