若者がリムジンにはまる、「バブルな事情」

ある複数の条件がそろえば、若者は消費する?

「大人数で祝ったほうが思い出になるし、祝われる人もうれしい」「地元の友達に都会で遊んでいるということを見せたくて、SNSにもアップした」と語るC君。

 

ほかにもツイッターで検索して、ロンドンバスパーティをやっている人たちの書き込みを多数見掛けたが、参加者たちは一様にハイテンションだ。歩いている人に携帯で写真を取られたりして、優越感を感じているのかもしれない。

リムジン会は一昔前からあったが、しかし最近、特に増えているように感じる。近頃では、私たち若者世代の間では、よりレア感のロンドンバスという選択をする若者も増えている。

「優越感に浸りたい」「リッチ感を味わいたい」という動機に加え、若者ならではの「騒ぎたい、はしゃぎたい」というニーズを満たすことができるのは、車内が広いロンドンバスだったりする。

ケース4:神奈川県に住むDさん(20歳)

次も、ロンドンバスパーティに参加したDさん。

彼女はサークルの先輩の卒業記念のため、仲間とパーティを行った。「男女で盛り上がるのにはリムジンでなくロンドンバス」だと思ったそうだ。「都内のイルミネーションや東京タワーを回ってみて楽しんだ」「バブリーな体験ができた」「SNSにアップして、それの反響がとても大きかった」と本人は満足気だ。

ケース5:稲城市に住む男子大学生E君(20歳)
 

大学サークルのムードメーカー的存在であるE君。彼が企画したのはクルージングパーティ。ドライブ中にレインボーブリッジを通っているとき、橋の下に見えた屋形船を見て、すぐにサークルのLINEに書き込んだそうだ。

選択したのは、1人当たり5500円で120分のコース。当日、男子はスーツ、女子はドレスをドレスコードとし、お弁当を食べたり酒を飲んだりして盛り上がったという。

夕方5時から7時までのクルージングのため、太陽が沈む前と後の表情、さらにレインボーブリッジの装飾も楽しめ、参加者たちはとても満足したようだ。

バブル“遺伝子”を引き継いだ「バブルキッズ」?

さて、ここまで若者の「バブルパーティ事情」をお伝えしてきた。

いったいなぜ、消費・行動意欲が低いと言われる、いわゆる「さとり世代」の若者たちが派手なパーティにいそしんでいるのか。目立ちたいから、普通ではもうつまらないから、新しいことをやってみたかったからなど、理由はさまざま挙げられるが、私たちが今回5人を調査して考えた仮説は3つ。

まず第1に、親からぜいたくして遊びたいニーズが継承されているのでは、ということである。

次ページ親のバブル話が「うらやましい」若者多数
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT