中国スマホ「フォルダブル」が続々登場の裏事情 市場が飽和するなかメーカーの「消耗戦」が過熱

印刷
A
A
中国のスマホメーカーから画面を折り畳めるフォルダブル・スマホが続々登場している。写真は栄耀の「Magic V」の発表会(同社ウェブサイトより)

中国のスマートフォン市場が成熟するなか、スマホメーカーが目玉機能を競い合う「消耗戦」が激しさを増している。カメラ機能の高度化や(画面の枠をなくした)全面ディスプレー化、サウンドの高音質化などに続く新たな焦点は、画面を折り畳める「フォルダブル」だ。

スマホ大手の栄耀(Honor)は1月10日、フォルダブル・スマホの新機種「Magic V」を発表した。過去1カ月の間にフォルダブルの新製品をお披露目したのは同社が3社目だ。OPPO(オッポ)は2021年12月15日、同社初のフォルダブル・スマホ「Find N」を発表。12月23日には華為技術(ファーウェイ)が縦開き式の「P50 Pocket」を発表した。

栄耀のMagic Vは、中国のパネル大手の京東方科技集団(BOE)から独占供給を受けるフレキシブル有機ELディスプレーを搭載。端末を畳んだ状態でもアプリを操作できるように、本体の外側と内側の両方にディスプレーを配置している。

そのうち外側には6.45インチの通常のディスプレー、内側には7.9インチのフォルダブル・ディスプレーを搭載。プロセッサーにはクアルコムの最新ハイエンド・チップの「スナップドラゴン8」を採用し、価格は9999元(約18万円)からだ。

2021年7~9月期の出荷台数は4.7%減

フォルダブル・スマホは2018年に登場したが、価格は安い機種でも1万元(約18万円)以上、高いものは2万元(約36万円)前後が当たり前だった。しかし最近の新製品は、最低価格が1万元を切るレベルに下がってきている。OPPOのFind Nの価格は7699元(約14万円)から、ファーウェイのP50 Pocketは8988元(約16万円)からだ。

価格の低下は消費者にとっては朗報だが、メーカー関係者の心境は複雑だ。「フォルダブル・スマホの相次ぐ発表は、中国スマホ業界の過当競争ぶりを象徴している」。ある大手スマホメーカーの社員はそう嘆く。

本記事は「財新」の提供記事です

中国ではスマホの普及がすでに飽和状態に達している。市場調査会社のIDCのデータによれば、2021年7~9月期の中国市場のスマホ出荷台数は約8080万台と、前年同期より4.7%減少した。

2021年7~9月期の出荷台数に占めるメーカー別のシェアは、首位のvivo(ビーボ)が22.1%。第2位以下はOPPOが19.9%、栄耀が17.3%、小米(シャオミ)が13.6%、アップルが13.0%と続く。各社のシェアは数%刻みで拮抗しており、限られた市場のパイを激しく奪い合っている。

(財新記者:翟少輝)
※原文の配信は1月11日

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT