「なかなか、いい声、しとるなあ」

気づきを与えてくれた問いかけ

うん?昨日、同じ質問があって、ちゃんと答えたのになあ、と思いつつ、答えた。「ええ、ハーマン・カーンさんという人は、21世紀は、日本の世紀だと言っている、アメリカのハドソン研究所の所長で、未来学者です」。昨日と、全く同じことを言った。松下も、昨日と同様に「そうか」と答えてくれた。

ところが、その翌日もまた、全く同じ質問。同じ答。

私は、なにを連日3回も同じことを聞くのか。こちらはちゃんと答えているのにと思うと、ふつふつと腹が立った。その思いのまま、夕方、松下が帰宅する車を見送った。

ところが、見送りながら、突然に、私は、ちょっと待てよ。松下が何回も同じことを聞くということは、もっとほかの情報がないか、ということではないか。いや、そうではないにしても、明日も聞かれて、同じ答えをする。これは能のない話だという思いが、私の心を突き抜けた。そこで、すぐに本屋に走った。そして前述の『紀元2000年』の本を買い求め、644頁を徹夜同然で、懸命に飛ばし読みした。そして、B5三枚に要点をまとめ、加えて、カセットテープに吹き込んだ。

翌日は、心のなかで、ひたすら同じ質問をしてくれることを願った。4日連続で聞くはずもないかと思いつつ、期待しつつ、昼食になった。

雑談をしていると、果たせるかな、「こんどな……」。私は松下の言葉を遮るように「ハーマン・カーンさんですね」「そや」。ならば、ということで、私は、徹夜でまとめたものを報告した。松下は、昼食の箸も取らず、じっと聞いてくれた。「偉い人やな。ようわかったわ」と言いつつ、さらに確認や、質問をしてきた。調べた範囲で答えた。そして、松下に、吹き込んだテープを渡した。

すべてを物語る言葉

翌朝、車を迎え、ドアを開けると、降りてきた松下が、私の前に立って、私の顔を、じっと見つめる。思わず、身体が硬直、直立不動していると、松下は、なおも私の顔を見つめながら、「きみ、なかなか、いい声、しとるなあ」と言った。

その瞬間、私は、身が震えるほど感動した。その言葉が、昨日渡したテープを聞いた、ということだけではなく、よく気が付いたな、よく調べてくれたな、内容もよかった、さらに、テープに吹き込んでくれた、ありがとう、ということなど、すべての思いを込めた一言であると直感した。

そして松下が、自分の思いを気づくまで、辛抱強く、質問を重ねてくれたんだということ感じた私は、そのとき、ああ、この人のためなら、死んでもいいとさえ思った。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。