仏クラブメッド、中国・復星による買収が前進

取締役会が買収案支持を株主に推薦

 10月6日、仏リゾート施設運営会社クラブメッドの取締役会は、中国の複合企業、復星国際の買収案を支持するよう、株主に推薦することを決定したと明らかにした。パリ近郊で7月撮影(2014年 ロイター/BENOIT TESSIER)

[パリ 6日 ロイター] - 仏リゾート施設運営会社クラブメッド取締役会は6日、中国の複合企業、復星国際<0656.HK>の買収案を支持するよう、株主に推薦することを全会一致で決定したと明らかにした。

クラブメッドをめぐっては、復星国際のほか、イタリアの実業家アンドレア・ボノミ氏も買収に名乗りを上げていた。

復星国際は前月、買収条件を当初から引き上げ、ボノミ氏の1株21ユーロを上回る1株22ユーロの対抗案を提示、クラブメッドの企業価値を8億3900万ユーロ(10億6000万ドル)と評価した。

取締役会はまた、2013年5月に始まった買収合戦により、日々の事業運営が困難になっているとし、迅速な買収完了を求めた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT