中国勢が続々上陸、過熱する米国EV戦争

ベンチャー買収、現地生産を始めた企業も

米EVベンチャー、フィスカーの手掛ける「カルマ」

中国企業が、電気自動車(EV)での米国進出を加速している。

今年2月、中国の自動車部品メーカー、万向集団が米EVベンチャーのフィスカー・オートモーティブを買収した。フィスカーは世界初のプラグインハイブリッドスポーツカー「カルマ」のコンセプトを2008年に発表。しかし、2011年の発売早々に車が炎上する事故が発生するなどの問題が起こり、わずか100台ほどを生産しただけで昨年11月に倒産した。

今年2月、競売により万向の米子会社が1億4920万ドルという高額で落札。万向の魯冠球CEOは「数カ月以内に生産を再開、すでに予約の入っているカルマを年内にも顧客に届ける」と明言。18カ月以内に米国内で1000台、欧州で500台の販売を予定しているという。

吉利汽車、BYDも参入

ボルボ・カーズ(スウェーデン)を傘下に持つ吉利汽車は3月3日、英国のEV開発会社エメラルド・オートモティブを買収した。エメラルドは「t-001」と呼ばれる電気商用バンを生産。電池のみで106キロメートル走行することができ、電池が少なくなっても、ガソリンエンジンで発電機を回すことで、最大650キロメートル継続走行ができる。主にタクシー用として使われており、英国ではすでに販売されている。

買収の目的は、欧州や米国でタクシー用のEVを生産・販売することだ。同社広報、ビクター・ヤン氏によると「今後5年間で総額2億ドルをエメラルドに投資する用意があり、うち500万ドルは米国内の工場建設予定地に充てる」と言う。

電池・自動車メーカーのBYDはEVバスの生産を米国内で始めた。昨年、カリフォルニア州南部のランカスター市と1000万ドル以上の契約を交わし、キャンピングカーの生産施設を買収。それを改装してEVバス工場として始動させた。ロングビーチ市から10台の予約が入っており、今年5月にも納品する。

BYDはこの工場で、バスだけではなく、EV「e6」の生産、販売を目指しているとみられる。というのも、米国、特にカリフォルニア州では、バスはほぼCNG(天然ガス)車であり、継続走行距離の少ないEVバスにそれほど需要があるとは考えられないからだ。またBYDは、米レンタカー大手ハーツと契約し、e6をレンタカーとして利用する試験を行っていた。いずれレンタカー用や一般消費者への販売に踏み切る可能性は高い。

中国メーカーにとって、自動車の巨大市場である米国での販売は悲願だ。過去に何度も米国での自動車販売を目指して来たが、ガソリン車では、米国の安全基準、排気ガス規制などの壁を越えることができなかった。排ガス規制などがないEVの分野でいち早く商品を投入し、地位を確立しようという狙いがある。

次ページ中国製EVの苦い過去
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT