中国勢が続々上陸、過熱する米国EV戦争

ベンチャー買収、現地生産を始めた企業も

ただ、思惑通りに売れるかは未知数だ。米国内には中国メーカーが生産するEVに対する不信感がある。

実は「中国製」EVが、米国で販売されていたことがある。手掛けていたのは、米国のEVベンチャーのコーダ・オートモーティブだ。2012年から販売を開始。中国からバッテリーをはじめとした主要な部品を輸入し、米国で組み立てていた。価格は3万9900ドルで「米国で最も安いEV」という触れ込みだったが、1年間で117台しか売れず、昨年経営破綻した。

売れなかったのは、デザインに魅力がない、性能の割に価格が高い、販売当初からリコールが相次いだ、などの理由がある。

バッテリーの開発競争も激化

EV普及の大きな課題になるのは、航続距離の長さなどの品質を向上しながら、価格をどうやって抑えるか。その解決のカギを握るバッテリーについても、中国メーカーは積極的に投資をしている。

フィスカーを買収した万向は昨年、経営破綻した米国のリチウムイオン電池ベンチャー、A123システムズを買収している。BYDはランカスターのバス工場建設と同時にバッテリー工場も併設した。EVとバッテリーを同時に開発・製造することで、品質向上とコストダウンの両立を図る。

 ただし、ライバルたちも黙ってはいない。米EVベンチャーのテスラモーターズは2月、総投資額50億ドルに上るリチウムイオン電池の新工場「ギガファクトリー」を建設する方針を明らかにした。2017年に稼働する予定で、テスラのCEO、イーロン・マスク氏は「大量生産によりバッテリー価格を現在より3割程度下げられる。安定したバッテリー供給があればテスラを年間50万台生産ベースにもっていける」との声明を出した。

テスラだけでなく、GMをはじめとした米国の大手自動車メーカー、日本勢でもトヨタ自動車、ホンダ、日産自動車など、各社が着々とEVの開発を進めている。

2013年の米国のEV販売台数は前年比1.8倍の9万6702台(プラグインハイブリッド車含む、Electric Drive Transportation Association調べ)。2013年の車全体の販売台数1553万台に占める割合は小さいが、成長市場であることは間違いない。今後ますます激しい戦いが繰り広げられるだろう。

(撮影:Getty Images)

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT