アマゾン「キンドル」が着々と日本進出準備

しかし、地元店を開設することで、国際ローミングのコストが不要になる。日本にもキンドルストアを開設し、そこに英語書籍を配置すれば、通信代を低く抑えられる。たとえ日本語書籍の数があまりそろわないとしても、地元店を開設するメリットは大きい。

全米出版社協会(AAP)が8月19日に発表した10年第2四半期(4~6月)の電子書籍の販売金額は8870万ドル。1~3月の9100万ドルよりわずかながらも減少した。4月にアップルがアイパッドを発売したことに伴い、4~6月はいっそう電子書籍市場が拡大すると見られていただけに、前期割れは意外感のある数字だ。電子書籍は早くも踊り場に来たとの見方もあり、アマゾンとしては海外展開を加速し高成長を持続させたいところだろう。

下グラフのように、キンドルストアに集まっているコンテンツの数は、競合ストアとはケタ違い。しかも価格が安い。豊富なコンテンツは、自社端末のキンドルだけでなく、パソコン、アイパッド、アイフォーンなどさまざまなハードで楽しめる。目下、アマゾンにすきはなく、圧倒的なシェアを誇る電子書籍プラットフォームとしての地位を固めていくことになりそうだ。

 

 

(山田俊浩 =週刊東洋経済2010年9月18日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • iPhoneの裏技
  • 埼玉のナゾ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。