脅迫せず追い立てず、人を動かす方法とは?

人を動かす広告、話題のチリ映画『NO』が描いたもの

脅迫的な物言いでハッパをかけたり、追い立てたりするだけでは、人を動かし続けることはできない?(画像はイメージ)

話題のチリ映画、ピノチェト軍事独裁政権への『NO』

チリ映画『NO(ノー)』が現在、日本でも公開されている。1988年にチリで行われた、ピノチェト軍事独裁政権の信任を問う国民投票が題材だ。反独裁政権派=“NO”陣営のテレビCMを手掛けた広告マンの目線で、民主化を達成したキャンペーンの様子が描かれる。

ちょうど安倍首相が中南米を歴訪し、チリのバチェレ首相と会談した時期と公開が重なったこともあり、僕が担当するTBSラジオの番組「荻上チキ・Session-22」でも連動して、「チリの民主化プロセス」と題する特集を組んだ。

僕自身も2004年に取材でチリを訪れたことがあるのだが、一般的な南米のイメージとはかなり異なる国だった。治安がよく、ヨーロッパ各国からの移民が作った街には欧州風の建物が立ち並ぶ。人々はラテンのノリというよりも、むしろシャイでまじめな印象。ウニなどの魚介類にも恵まれ、日本人にはなじみやすい環境だ。マゼラン海峡に面する世界最南端の都市、プンタ・アレーナスの小さな博物館で出合った古ぼけた先住民の写真は、まるで昔の日本人。地球の裏側で思いがけずご先祖様に会えたようで、何だか目頭が熱くなってしまった。

さて、映画『NO』を取り上げた特集にはリスナーから予想以上の反響があった。それはおそらく『NO』に込められたメッセージが、現在の僕たちにも重要な示唆を与えてくれるものだからだろう。

経済成長や安定をアピールするピノチェト政権に対し、独裁に反対するグループは当初、デモを暴力で弾圧する軍隊の映像などを使って、怒りや恐怖、悲しみを強調し、「こんな状況を続けるのですか? “NO”に一票を」と訴えるCMを制作する。

次ページ「ダメだ。これでは人は動かない」?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT