脅迫せず追い立てず、人を動かす方法とは?

人を動かす広告、話題のチリ映画『NO』が描いたもの

脅迫的な物言いでハッパをかけたり、追い立てたりするだけでは、人を動かし続けることはできない?(画像はイメージ)

話題のチリ映画、ピノチェト軍事独裁政権への『NO』

チリ映画『NO(ノー)』が現在、日本でも公開されている。1988年にチリで行われた、ピノチェト軍事独裁政権の信任を問う国民投票が題材だ。反独裁政権派=“NO”陣営のテレビCMを手掛けた広告マンの目線で、民主化を達成したキャンペーンの様子が描かれる。

ちょうど安倍首相が中南米を歴訪し、チリのバチェレ首相と会談した時期と公開が重なったこともあり、僕が担当するTBSラジオの番組「荻上チキ・Session-22」でも連動して、「チリの民主化プロセス」と題する特集を組んだ。

僕自身も2004年に取材でチリを訪れたことがあるのだが、一般的な南米のイメージとはかなり異なる国だった。治安がよく、ヨーロッパ各国からの移民が作った街には欧州風の建物が立ち並ぶ。人々はラテンのノリというよりも、むしろシャイでまじめな印象。ウニなどの魚介類にも恵まれ、日本人にはなじみやすい環境だ。マゼラン海峡に面する世界最南端の都市、プンタ・アレーナスの小さな博物館で出合った古ぼけた先住民の写真は、まるで昔の日本人。地球の裏側で思いがけずご先祖様に会えたようで、何だか目頭が熱くなってしまった。

さて、映画『NO』を取り上げた特集にはリスナーから予想以上の反響があった。それはおそらく『NO』に込められたメッセージが、現在の僕たちにも重要な示唆を与えてくれるものだからだろう。

経済成長や安定をアピールするピノチェト政権に対し、独裁に反対するグループは当初、デモを暴力で弾圧する軍隊の映像などを使って、怒りや恐怖、悲しみを強調し、「こんな状況を続けるのですか? “NO”に一票を」と訴えるCMを制作する。

次ページ「ダメだ。これでは人は動かない」?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ネットで故人の声を聴け
  • グローバルアイ
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT