「分裂主義」を象徴、イスラエルの不気味さ

スコットランド、スンニ、シーア・・・世界は分裂期へ

パレスチナ暫定自治区のガザ地区に対して続く、イスラエル軍の空爆。イスラエル・パレスチナ問題は解決の兆しが見えてこない(ロイター/アフロ)

イスラエルの政策に批判が出ると、イスラエル政府と西側諸国のイスラエル支持者らは反ユダヤ主義だと非難する。その主張は不正確で虫のいいところもあるが、間違ってはいない。

確かに、ガザ地区におけるイスラエルの残虐行為に対する欧州の世論は、中東の他の地域でイスラム教信者同士が繰り広げている、もっと凄惨な暴力への批判よりはるかに厳しい傾向にある。

イスラエルは「こちら側の一員」

そうなる理由は、イスラエルが西側政府に支持されており、米国国民が納めた税金から多額の援助を受けているからだ。イランのイスラム教指導者やシリアの悪党の行動を変えることはできないが、イスラエルは「こちら側の一員」なのだ。

もちろんイスラエルを過剰に非難する姿勢や、その暴力とナチスの大虐殺との安易な比較の背後には、罪の意識を払拭したい下心も見え隠れする。ユダヤ人への虐待を欧州全体が過去数十年にわたって恥じてきた歴史の中で、人々はようやく「ユダヤ人も殺す側に回ることがあるじゃないか」と、どこか喜びにも似た感情をもって指摘する機会を得たのだ。かっこ悪い部分もあるかもしれないが、必ずしも反ユダヤ的であるとはいえない。

ユダヤ人とイスラエル人が一緒くたにされるとき、反シオニズムは反ユダヤ主義へと醜く変貌する。

最も悪質な反シオニズムは、イスラエルと米国を世界の2大悪ととらえる左派の人間に見られる。金融危機やウクライナにおける暴力など、諸悪の根源が米国のあしき力だと信じる人間は、米国のあらゆる政策の背後にイスラエルや、果てはユダヤ団体の黒い圧力を疑いがちだ。

次ページユダヤ人に支配された英米の資本主義
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ドンキの正体<br>次代の流通王か永遠の異端児か

かつての「ヤンキーのたまり場」ドン・キホーテが破竹の攻勢をかけている。総合スーパーへの居抜き出店などで品ぞろえも客層も拡大、海外出店も加速する。一方、不動産事業や深夜営業では非常識ぶりを温存。異端児の知られざる実態を解明する。