「キャラクター化」される、新幹線電車

ママ鉄も大好き!鉄道グッズ&おもちゃの新潮流

風向きが変わり出したのは、1980年代に入ってから。国鉄が「輸送力至上主義」から「増収」「旅客サービス強化」へと大きく方針を転換し、前後して「ブルトレブーム」が巻き起こった頃だ。機を見るのに敏なメーカーが、さっそくブルートレイン(寝台特急)のヘッドマークなどをあしらった文房具などを作り、町中に流したのである。小学校高学年だった私も、Tシャツを買ってもらって喜んで着ていた記憶がある。

画期的な子供用の鉄道靴下「鉄下」

ただし、ここまでは購買層のほぼすべてが男の子であった。

だが、今は様相が違う。男の子はもちろん女の子も、そして子供たちの母親までもが大きな関心を寄せる商品が、鉄道駅を中心として売られている。

大阪市此花区に本社を置く株式会社立誠社は、1923(大正12)年に設立されたという長い歴史がある。最初は鉄道地図の販売から始まり、現在は各種キャラクターグッズ、雑貨、玩具などの企画・販売や、店舗プロデュースなどを事業内容としている。関連事業会社を含めた年商は19億5000万円という企業だ。

立誠社の主力商品「鉄下」。新幹線をモチーフにした子供用靴下というアイデアが、人気商品を生んだ

この立誠社が、ちょうど鉄道ブームと言われていた2009(平成21)年に販売を開始した「鉄下」が、ママと子供の間で人気商品となっている。

同社の東京営業本部でうかがった話によると、この商品は、「小さな子供向けの鉄道グッズ、特に日用品はありそうでなかった」と目をつけたことが出発点。靴下になったのは、「鉄道車両のデザインをアレンジしたら、可愛らしい」という、ほんのちょっとしたひらめきからだそうだ。

子供用靴下の形は、確かに新幹線の前頭部分と似ている。

当初のラインナップはN700系、0系、ドクターイエロー(電気軌道総合試験車)など。やはり親しみやすいことから新幹線が中心であった。

ところが「売れるかどうか。スタート時点ではチャレンジの部分が大きかったのですが、うまく”すき間”にはまりました」とも同社が述べるように、すぐ人気商品となり、JR在来線や私鉄の車両をあしらったものも多数登場。今では、すべての「鉄下」のうち新幹線を題材としたものは、約20%にとどまっているという。

しかし売り上げ額で見れば、新幹線だけで「鉄下」全体の約60%にも及ぶとのこと。販売数で現在、上位を占めているのもJR東日本のE5系、E6系、E7系、JR東海・西日本の「ドクターイエロー」などだ。やはり子供には、色が派手であるとか、本物の車両の形もかっこいいものが受けるようだ。

次ページ靴下だけじゃない!新しいトレンドとは?
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。