世界最大規模の上場、アリババ隆盛は続くか

海外展開を積極化、新たな“生態系”の構築も

この巨大組織を率いるのは創業者で執行主席のジャック・マー氏(50)だ。創業翌年に入社したジョナサン・ルー氏(44)がCEOだが、すべての実権はマー氏が掌握し、グループの精神的支柱として君臨する。

彼にまつわる有名なエピソードが“伝説の6分間”だ。00年にマー氏と初めて顔を合わせたソフトバンクの孫正義社長は、わずか6分間のやり取りで2000万㌦の出資を決めたという。追加出資分と合わせ、ソフトバンクはアリババ株式の36.3%(14年3月末時点)を保有する、筆頭株主。9月19日の上場で約8兆円の含み益が発生しただけに、米国市場の開拓をにらむソフトバンクにとってアリババ上場は福音だ。

出資や提携を連発

大型上場ばかりが注目されがちだが、それを待たずして、アリババは積極的に周辺事業への出資や提携に乗り出している。本拠の中国だけでなく、米国企業と手を組むケースが多いのも特徴だ。ネット上の買い物と関連した決済、資産運用で顧客を囲い込むアリババだが、手薄な分野も多い。米アマゾンが得意とする物流はその一つで、昨年末から通販大手の米ショップランナーや中国ハイアール電器との合弁に出資し、同分野の強化を図っている。

次ページ出資、提携を増やす理由
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT