世界最大規模の上場、アリババ隆盛は続くか

海外展開を積極化、新たな“生態系”の構築も

9月19日にニューヨーク証券取引所に上場したアリババグループ。写真中央が創業者のジャック・マー氏(写真:Bloomberg)

中国ネット業界の巨人がついに世界に向けて動き出した。通販サイト「淘宝網(タオバオ)」や「天猫(Tモール)」を手掛けるアリババグループ・ホールディングが9月19日のニューヨーク証券取引所の上場で手にした資金は約250億ドル。世界最大規模の上場だ。

創業は1999年。BtoB(企業間取引)の通販サイト「アリババ・ドットコム」からスタートし、2003年にC to C(個人間取引)のタオバオ、08年にB to CのTモールに進出した。事業は急速な成長を続けており、14年3月期の売上高は8925億円(前期比1.5倍)、営業利益は4236億円(同2.3倍)だ。

収益の基盤となる月間利用者数は今年6月末時点で2.79億人に上る。サイト上での取引量を示す流通総額は8.5兆円(14年4~6月)と、日本の大手である楽天の同期比で約18倍もある。

ビジネスモデルは単純で、サイト上の取引手数料や広告収入が主な収益源だ。04年に決済の「支付宝(アリペイ)」、13年には資産運用の「余額宝(ユエバオ)」にも事業領域を広げている。だが、アリババの高収益を支えるこれら金融事業の運営会社は、今回上場するアリババグループには含まれていない。つまり潜在的な企業価値は、さらに大きいといえる。

次ページ孫正義社長との”伝説の6分”
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。