世界最大規模の上場、アリババ隆盛は続くか

海外展開を積極化、新たな“生態系”の構築も

ネット集客で主流のスマートフォンメッセンジャーアプリにも触手を伸ばし、今年3月には米タンゴへ出資した。また、アマゾンが電子プラットフォーム「キンドル」に注力するのと同様、デジタルコンテンツも拡充。携帯ブラウザ(閲覧ソフト)大手の中国UCウェブを今年6月に完全子会社化し、7月にはスマホゲームの米カバムにも資金を投じている。

上場後の海外展開

ほかにも、中国の大手自動車メーカーである上海汽車とスマートカー分野で提携。ネットだけでなく、リアルの領域に踏み出す、グーグルへの対抗意識も透けて見える。

こうした動きについて富士通総研のジン・ジャンミン主席研究員は「ネットに関する事業の垣根はどんどん低くなっており、アリババはあらゆる消費者と接点を作るために、(数々の出資を通じて)“生態系”を作ろうとしている」と分析する。

アリババが抱えるもう一つの課題が海外市場の開拓だ。14年度の海外売上高比率は1割弱と低い。実際に9月15日にはマー氏が投資家向け説明会を前に、「上場後はヨーロッパや米国でのビジネスを拡大したい」と語ったことが海外で報じられている。

米国株に詳しい大手証券関係者は、「米国でアリババ株は機関投資家に人気だが、個人ユーザーにとって、アリババという会社の知名度は高くない」と明かす。史上空前規模の上場で時の人となるマー氏は、巨艦をどこへ導くのか。その舵取りに世界が注目している。

「週刊東洋経済」2014年9月27日号<9月22日発売>掲載の「核心リポート03」に一部加筆)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 中学受験のリアル
  • はじまりの食卓
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
6800億円の巨額減損<br>みずほに不足する「稼ぐ力」

みずほFGが巨額損失の計上による業績下方修正を発表した。損失の大半がリテール部門にひもづく新システムの減損で、「リテール不振」が際立ったともいえる。坂井社長の言う「前向きな減損」も、稼ぐ力あってこそ。効率化、稼ぎ頭の構築と道は険しい。