『モチベーション3・0』の著者、ダニエル・ピンク氏に聞く--才能より「やる気」が重要。大事なのは利益ではなく目的のために働くこと


 アップルはグーグルとは違う。社員はある程度自由を与えられているが、基本的にトップダウンの会社だ。スティーブ・ジョブズの個性とヴィジョンが会社の中心にある。
 
 ただ「目的」という点で、アップルは「モチベーション3・0」の条件を満たす。設立当初から強烈な目的意識を持っている。ジョブズの「宇宙に衝撃を与える」という言葉は有名だ。1984年に初代マックを発売したとき、ジョブズは「このコンピューターは左脳的な人間ではなく、右脳的な人間のためにつくった」と語った。

--リーマンショックを経て、投資銀行の報酬制度は大きく変化したのでしょうか。

その可能性は極めて低いと思う。しかし、ベンチャーキャピタル業界では、報酬制度を見直す動きも出ている。過去10年、米国のベンチャーキャピタル業界が低迷している一つの理由は、多くの人間がお金目当てにこの業界に参入した点にあると思う。
 
 彼らは「すぐに金持ちになれるから、この業界に入った」と言う。だが、真に優れたベンチャー投資家は、金銭ではなく、「次なる偉大な企業、次なるグーグルやアップルの手助けをしたい」という思いに突き動かされている人だ。

--日本で「モチベーション3・0」の条件を満たす会社はある?

初期のソニーだ。強い目的意識があった。デザインの重要性をいち早く認識し、デザイナーに自由を与えていた。今のソニーは昔持っていたものを少し失ってしまったようだ。

トヨタやホンダも興味深い例だ。絶え間ないカイゼンのためには社員の自律性が必要になる。しかし、それを欧米人の多くは理解しておらず、カイゼンが凝り固まった手法であると誤解している。日本の工場では、何か異常があれば、誰でも製造ラインをすぐに止めることができる。これは自律性の最たるものだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。