『モチベーション3・0』の著者、ダニエル・ピンク氏に聞く--才能より「やる気」が重要。大事なのは利益ではなく目的のために働くこと


 トヨタ、ホンダは「熟達」の点でも優れている。たとえば、エドワード・デミング博士が米国で無名だった頃から、日本企業は彼の品質管理論を取り入れていた。そのデミング博士が強調していたのが、外発的な動機の限界と内発的な動機の重要性だった。

--単刀直入に言って、才能とやる気はどちらが重要なのでしょうか?

やる気だ。われわれはこれまで、生まれながらの能力を過大評価してきた。同じ誕生日に生まれた赤ん坊の間に、DNAや才能の点で大きな違いがあるとは思わない。本当に大事なのは、好きなことをやり、自主的に行動し、一生懸命に働き、短期的な利益ではなく目的のために働くことだ。
 
--現在の米国の教育システムは、生徒のやる気をうまく引き出せているのでしょうか。

米国の教育は間違った方向に進んでいる。今の教育は、「もしテストの点数がよければ、25ドル上げますよ」というふうなアメとムチの手法で行われている。これはひどいやり方だ。子供にとって大事なのは、内発的な動機。子供が一心不乱に勉強するのは、良い点数を取りたいときではなく、何かを学びたいと強く感じだときだ。
 
 米国の教育制度の問題の一つは、教師に十分な自律性が与えられていない点にある。教育行政は、国会議員が各地の学区に命令し、学区が各教育委員会に命令し、教育委員会が校長に命令し、校長が現場の教師に命令するという流れで行われている。もっと現場の教師や生徒に自律性を与えなければならない。

--このままでは将来、米国はイノベーションで中国に抜かれる?

私は楽観的だ。米国は大きな国だが、変化が必要となれば、非常にすばやく変わることができる。中国は、右脳的志向が必要な分野では、米国に追いつけないだろう。なぜなら、言論の自由がないからだ。
 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。