水野和夫氏の内閣府審議官就任で、経済政策はどう変わる?


 その意味で自民党は成長至上主義の政党であり、水野氏は民主党に親近感を持っていた。ところが、政権を取った後の民主党は、自民党と同様、成長路線を訴えるようになった。この状況の中で水野氏はどのように折り合いをつけ、国家戦略を描くのか。

水野氏の持論の一つにエネルギー戦略がある。「資源価格上昇に伴う所得移転は日本経済にとって致命的だ。新しい自然エネルギーの開発は国家命題」と考えている。仙谷氏もこの考え方を支持しており、政策の中に織り込めるか、注目される。

過去、政策統括官や官房審議官には、岩田一政氏(現内閣府経済社会総合研究所所長・元日本銀行副総裁)、大田弘子氏(現政策研究大学院大学副学長・元経済財政担当相)、高橋進氏(現日本総合研究所副理事長)、湯元健治氏(現日本総研理事)といった面々が就いた。が、政府側が十分に使いこなせたか、疑問は残る。水野氏の今後の働きを見れば、民主党政権の盛衰を占える。

(田北浩章 撮影:梅谷秀司 =週刊東洋経済2010年8月14日号)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 大槻奈那先生、金融の修羅をゆく
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 離婚親の選択
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
すごいベンチャー100<br>2019年最新版

ファンドが大型化しマネーが殺到するベンチャー企業。大化け期待の日本発 “金の卵” 100社を厳選。アプリで禁煙治療、空飛ぶバイク、ハエで肥料生成など異色のアイデアを満載。プリファードなどユニコーンの現在地やIPO後の株価の検証も。

  • 新刊
  • ランキング