JALとANAを分析する

収益力に大きな差がついた、航空大手2社

これほどのコストをかけてまで、2社が、スカイマークが持つ羽田の発着枠を欲しがるかはわかりませんが、一つの可能性として、今後どちらかがスカイマークを傘下に入れることは考えられます。

航空業界は今後どうなる?

航空大手2社の分析を行ってきましたが、共通しているのは、収益力をどれだけ上げていくかが、ポイントになるということです。

航空業界は、縮小することはないと思いますが、格安航空会社(LCC)の参入によって、競争がますます激化することは間違いありません。

その点では、JALは長期的に見ますと、現状の利益率を維持することは難しいでしょう。自由化が進み、世界中の航空会社の競争が激化し、利益率が落ちている中で、JALだけが高収益を保つのは至難の業です。さらに、同社は2018年度までの法人税の免除を受けていますが、以降は支払いが始まります。

ただ、航空業界にとって好材料なのは、今後もますます世界中の人の行き来が増えるということです。大規模な戦争などが起これば話は別ですが、世界情勢に大きな動きがなければ、グローバル経済の下で利用者はどんどん増えていきます。航空機の性能も向上していくでしょう。その中で、航空各社がどのような戦略をとるのかが注目です。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 内田衛の日々是投資
  • ルポ「ホームレス」
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
5G革命<br>勃興する巨大市場をつかめ!

現在の「4G」に続く、新しい移動通信システム「5G」。「超高速」だけではなく「超低遅延」「多数同時接続」が可能になり、私たちの暮らしやビジネスはがらりと変わる。動画配信、ゲーム、自動運転、スマート工場や通信業界の未来像を紹介。