人材の複雑方程式 守島基博著


ワーク・ライフ・バランスについても「行き過ぎ」がある。本書では「3つの誤解」と書いている。まず「みんながワークとライフをバランスさせなければならない」と思い込んでいること。

しかし「みんな」がそうしなくてはならない必然性はない。どうバランスさせるかは個人が選択することだが、「みんなが家族と子どもとたくさんの時間を過ごさなければならない」という風潮がある。これは誤解だ。

次に「ワーク・ライフ・バランスは働き方の変革を引き起こす」という誤解がある。

働く人が私生活を充実させると労働が効率化され、長時間労働がなくなり、もっと人間的な生活ができる、というワーク・ライフ・バランス論に対し、守島氏は「ワーク・ライフ・バランスは結果であって原因ではない」と言う。

つまり働き方が効率化され、長時間労働がなくなることでワーク・ライフ・バランスという結果になると言うのだ。

3番目の誤解は「ワーク・ライフ・バランスは企業の競争力を向上させる」というものだ。これからの人材獲得大競争時代を乗り切るためには、ワーク・ライフ・バランスによる採用力の向上が必要という論理だ。

一理ある。ただし守島氏によればそういう見方は狭く、ワーク・ライフ・バランスで採用しても、競争力に結び付けるには人材育成、配置、評価・処遇という人材活用の仕組みが大きく影響すると述べている。

当たり前のことだが、会社の中で人を元気づけるのは仕事そのものなのだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • iPhoneの裏技
  • 埼玉のナゾ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。