ついに全米発売、「ゼロ・トゥ・ワン」の衝撃度

競争は負け犬がするものだ、独占せよ

2004年には、ビッグデータ分析専門コンサルタント会社、パランティール・テクノロジーズを共同創業。ウォール・ストリート・ジャーナル(2013年12月5日付)によれば、同社は、米連邦捜査局(FBI)や中央情報局(CIA)、大企業を顧客に持ち、「今、シリコンバレーで最も価値の高い株式非公開ベンチャーの一つ」だ。資金調達も順風満帆。2013年12月には、時価総額が90億㌦(約9700億円)に達し、話題になった。

また、2005年には、創業間もないIT系スタートアップに投資するベンチャーキャピタル企業、ファウンダーズ・ファンドを共同で立ち上げた。現在はマネージングパートナーとして、「世界に大きなインパクトを与える」ベンチャーの育成にまい進している。

ティール氏の投資先の一つでもある米キャリア専門ソーシャルメディア、リンクトインに自身が載せているプロフィールには、こう書かれている。

「世界を変えることに関心がある、まじめな知識人との出会いを希望」

無敵の「ゼロ・トゥ・ワン」企業、グーグル

Peter Thiel●1967年10月生まれ。シリコンバレーでもっとも注目される起業家のひとり。1998年にPayPalを共同創業し会長兼CEOを務めた。フェイスブックへの投資でも巨万の富を築いた(写真:ロイター/アフロ)

そんなティール氏のモットーは、「コンペティション(競争)よりモノポリー(独占)」だ。著書『ゼロ・トゥ・ワン』発売を前にウォール・ストリート・ジャーナルに寄稿したエッセイのタイトルは、ズバリ「競争は負け犬がするもの」(9月12日付)。長く続く価値を生み出すには「独占」を構築せよ、というわけだ。

ティール氏は、売り手と買い手が多数いることで、価格が需給関係によって決まるような「完全競争市場」を批判する。同氏いわく、「負け組」の代表は、薄利経営の米航空業界。一方、独占による高収益を謳歌する「勝ち組」の代表が、検索エンジンで無敵の「ゼロ・トゥ・ワン」企業、グーグルだという。

次ページ20歳以下の学生に出資
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT