暗号資産に熱狂する人が醒める奇怪な騒動の行方

初期投資家にコイン配布されず市場外取引疑惑も

熱狂の陰でいったい何が起きているのか(写真:Graphs/PIXTA)

年末にかけて落ち込みを見せているが、2021年はビットコインをはじめとする仮想通貨(暗号資産)への投資熱が、過去最大級に盛り上がった年だった。11月9日、ビットコインは史上最高値である約770万円を記録。この1年間だけでも、およそ5倍に急騰する値動きをみせた。

ビットコインに限らずイーサリアムやリップルといった有名な仮想通貨から、フロウやソラナといった新興勢まで、この1年で価値を数倍から100倍以上に伸ばしたものもある。その結果、仮想通貨市場全体の時価総額は1年で4倍に膨れ上がり、3兆ドル(約340兆円)を突破している。

市場を牽引するNFTという新技術

バブル相場とも言える熱狂を牽引している要因の1つにNFT(Non Fungible Token)とメタバース(オンライン上の仮想空間)がある。仮想通貨トレーダーを経て、現在は「SokaiGirls」というNFTプロジェクトを運営するNiCOLE氏はこう解説する。

「非代替性トークンとも呼ばれるNFTとは画像、音楽、動画などのデジタルデータの権利を改ざん不可能なブロックチェーン上に“焼き付ける”ことで、正当性を担保する技術として注目されています。アートと相性がよいとされ、これをメタバース(仮想空間)で飾ったり、人と交換したりといったことが根付き始めています」

マイク・タイソンやエミネムなど、世界の有名アスリートやアーティストの間で広まったムーブメントが今、爆発的な勢いで世界中を席巻し始めているのだという。

NiCOLE氏が手がけるSokai Girlsコレクションの作品。ポップなイラストを順次リリースしており、OpenSeaというNFTマーケットで販売されている。発売開始から数分で完売、15万円の値段がつくものも

NFTの広がりと歩調を合わせるように、メタバースにも熱い視線が注がれている。Facebook(フェイスブック)社も社名をMeta(メタ)に変更。今後、メタバースでコミュニケーションを取るという新しい生活様式に舵を切るであろうことは、この事実からも読み解くことができる。NiCOLE氏は続ける。

「今まではゲームを主体にしたものが多かったのですが、FacebookはSNSを主体にしたメタバースを作ってくるんじゃないかなと思います。実際に触るとよくわかりますが、メタバースで画像やデータを見ると美しい。つまり、コレクター欲がくすぐられるわけです。この気持ちこそがNFTの醍醐味で、今のブームを支えているのだと思います」

次ページ幻となった20億円の含み益
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT