トー横キッズが歌舞伎町に居場所求める本当の訳

少年少女たちのリアルに開沼博が迫る【前編】

コロナ禍をきっかけに少年少女たちが集まるようになった(筆者撮影)
この記事の画像を見る(3枚)
新宿・歌舞伎町で飛び降り自殺や性暴力、傷害致死事件などが頻発したことで注目を集めている「トー横キッズ」。“地雷系”と呼ばれる独特なファッションに身を包み、ゴジラのオブジェで知られる「新宿東宝ビル」(旧コマ劇場)周辺に集まる少年少女の一群を指す言葉だ。いったい彼らは何者なのか。いつからそこに「棲みついた」のか。クリーン化が進む現代日本の隠された闇を追い続ける東京大学大学院准教授で社会学者の開沼博氏が、現役のトー横キッズと向き合い真剣勝負、少年少女たちのリアルに迫った。

コロナ禍が“トー横キッズ”を生み出した

開沼博(以下、開沼):先日(11月28日)、歌舞伎町の雑居ビルで傷害致死の疑いで逮捕された4人の若い男たちが「トー横キッズ」だったと報道されています。

トー横キッズのR君(以下R君):たしかにTOHOビル横の広場によくたまっていた人たちで僕も見たことがありますが、「トー横キッズ」ではありません。ヤンキー風の人たちでした。こっちとしては風評被害もいいところです(笑)。

開沼:なるほど、仲間ではないんですね。R君はトー横にたまるようになってどのくらいになるんですか。

R君:僕は通信制の高校生なんですけど、今年の3月頃から居ついている感じですね。

開沼:コロナ禍の真っただ中じゃないですか。

R君:そうです。カブキ(歌舞伎町)の街中は閑散としていましたね。だから逆に僕たちみたいな弱々しい雰囲気の人間たちが集まりやすかったというのがありますね。

開沼:つまり、コロナ禍が「トー横キッズ」を生み出したと言えると。

R君:そうだと思います。ただ、「トー横キッズ」ってメディアが作った言葉で、僕たちは「トー横民」とか「界隈の子」みたいな言い方をしてるんですけどね。

開沼:でも、なぜ渋谷とか池袋じゃなくて歌舞伎町だったんだろう。

R君:2年くらい前、SNSで10代のメンヘラ(心の健康に悩んでいる人)の女の子たちを言葉巧みにTOHOビル辺りに呼び集めていた男がいて、それがきっかけだと聞いています。その女の子たちがカブキに居ついて日々の様子をSNSで発信するうちに、似たようなタイプの子が徐々に増えていき、「トー横界隈」と呼ばれるようになったという感じです。

開沼:偶然だったと。

次ページ最近は観光名所化している部分もある
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT