冬も好調なハーゲンダッツが限定品を連投する訳 「今だけ」を楽しみたい消費者は多い

拡大
縮小

現在発売中の秋冬向け限定品は次のとおりだ。商品を投入したねらいも教えてもらった。

(1) ミニカップ「リッチマロン」

(2) ミニカップ「林檎のカラメリゼ」

(3) クリスピーサンド「抹茶のフォンダンショコラ」

(4) バー「ザッハトルテ」

「リッチマロンは、濃厚なマロンの味わいとラム酒の芳醇な香りを楽しめます。栗は、当社にとって秋のヒット素材。これまでも味を工夫して発売しましたが今回も好調です。

一方、リンゴは秋を代表するフルーツですが、あまり積極的に取り上げてきませんでした。それをカラメリゼ(※)にしたことでスイーツらしさが表現できたと思います」(同)

※カラメリゼ:砂糖をカラメル状に煮詰めた液にフルーツを絡めながら煮ること。

ちなみにブランドの秋の定番素材は「栗・芋・カボチャ」だという。12月7日にはセブン-イレブン限定で「ジャポネ 和栗のモンブラン」も発売された。

ミニカップ「リッチマロン」と「林檎のカラメリゼ」(写真:ハーゲンダッツ ジャパン)

発売20周年で選んだのは「抹茶×フォンダンショコラ」

2001年に日本で開発されたクリスピーサンドは、現在は欧州やアジアでも展開されるようになった。その発売20周年の秋冬版に「抹茶×フォンダンショコラ」が選ばれた。

「あずきと組み合わせて和風に振るなど、抹茶はさまざまな味にできますが、今回は強い素材同士を組み合わせました。2017年と2019年の限定品で濃厚なチョコレートソースが出てくる『フォンダンショコラ』を発売したことがあります。その今年版で選びました」

クリスピーサンドの持ち味は「アイスクリーム、パリパリのコーティング、サクサクのウエハースの三位一体」だ。女性消費者からは「おいしいけど、もう少し食べたい(量が少なめ)」という声も聞いた。

予想以上に好調だったのが、バーアイスクリームの「ザッハトルテ」だ。

「少し苦戦すると思っていましたが、お客さまのザッハトルテへの期待度は大きかったようです。外出がままならない中でのぜいたく気分も、需要を後押ししたと感じています」

次ページ本場・オーストリア政府観光局が反応
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT