冬も好調なハーゲンダッツが限定品を連投する訳 「今だけ」を楽しみたい消費者は多い

拡大
縮小
秋冬の期間限定品をミニカップや片手で食べられるアイスクリームで訴求する(写真:ハーゲンダッツ ジャパン)
この記事の画像を見る(9枚)

繁華街を歩けば12月らしいイルミネーションとなった。以前の師走の盛り上がり感はないが、外食店の予約も戻りつつある。

コロナ禍が続き、「飲食の景色」は様変わりした。通勤しない在宅勤務が浸透した結果、出勤時のランチ外出や、仕事仲間や取引先との夜の会食が激減したのはご存じのとおりだ。それが復活してきたが、この2年で増えた自宅での飲食=内食を楽しむ人も多いだろう。

在宅の息抜きで選ばれる食品にアイスクリームがある。最需要期は7月と8月だが、長年にわたり12月に最も売れるブランドが「ハーゲンダッツ」(ハーゲンダッツ ジャパン)だ。

定番品以外に、春夏と秋冬に期間限定品(以下、限定品)を発売しており、「今度はどんなフレーバーが出るのか?」を楽しみにしている人も多い。

なぜ限定品を積極的に投入するのか。ブランドの責任者に聞きながら消費者心理を考えた。

繁華街ではにぎわいも戻ってきた(筆者撮影)

「ミニカップ」「限定品」が売れるのは日本市場だけ

「グローバルで事業を展開するハーゲンダッツの中で、日本は特殊な市場です。ミニカップが売れることと期間限定品が人気だからです。海外はパイントと呼ばれる473mlの大容量が主流で、新商品もパイントで発売されるケースが多いと聞きます」

ハーゲンダッツ ジャパンの黒岩俊介さん(マーケティング本部マネジャー)はこう話す。

2020年度の同社売上高は約480億円。今年度は11月時点で「対前年比110%」と伸びた。特に限定品が好調なのが大きいという。

次ページ現在発売中の秋冬向け限定品は?
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT