胃がんの原因の99%は「ピロリ菌」検査すべき理由 全がんのうち男性の胃がんは2番目に高頻度

拡大
縮小
症状が出たときには手遅れに……そんな胃がんは“とある検査”で99%防げる!(写真:buritora/PIXTA)

日本人男性の2人に1人が“がん”になると言われて久しいが、なかでももっとも恐ろしい病気の1つとして認知されているのが、“胃がん”だ。

当記事は、『OCEANS』の提供記事です。元記事はこちら

住吉内科消化器内科クリニックの倉持章先生によると「胃がんは“とある菌”を除去すれば、99%防ぐことができます」という。ってことで、先生、胃がんのリアルを教えてください!

そもそもカラダのサインがない、胃がん

──「胃がん」と聞くと、どうしても恐怖を感じてしまいます。

倉持章/住吉内科消化器内科クリニック理事長。10万件を超える検査経験を持つ内視鏡のスペシャリスト。“胃がん死ゼロ”をモットーに、予防と早期発見に注力し地域医療に貢献する(写真:OCEANS編集部)

確かに、全部のがんのうち男性の胃がんは2番目に頻度が高く、残念ながら胃がんが原因で亡くなられる方も、年間約5万人と非常に多いのが現状です。しかし本来、胃がんは不治の病ではなく、早期に見つけることさえできれば治せる病です

なのに、初期段階で症状が出ないせいで気づかず放置されてしまうことが多く、 何かしらの症状が出たときにはすでに手遅れとなるケースも少なくありません。

──ということは、胃がんは避けて通ることができない病気なのでしょうか?

遺伝性による避けられないがんがある中で、“防げるがん”として対策を取れるものも多くあります。実は、胃がんがその1つです。原因の99%は「ピロリ菌」であることが世界でも認められています。

次ページ胃がんの原因、ピロリ菌とは?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT