酒のチカラに頼らず部下と交流深める「4つの技」 飲みニケーション「不要」と考える人が6割

拡大
縮小
飲みニケーションの代わりになる、コミュニケーションの方法とは?(写真:taa/PIXTA)
チームのコミュニケーションが少ない、メンバーがやる気になってくれない、成果もでない、そして、みんな組織に対して諦めムード……。変化の多い現代は、リーダーにとって悩みのタネだらけです。リモートワークで物理的な距離ができただけでなく、経営層と現場の壁、ベテラン世代と若手世代の価値観の壁などに阻まれ、チームの心の距離まで離れてしまいがちです。
「うまくいかないときは、チームの関係性から見直してみてはいかがでしょうか」と語るのは、起業家、経営者であり、ビジネス・ブレークスルー大学でも教鞭を執る斉藤徹氏です。「売り上げなどの“結果”を作ろうとすると、チームは負のサイクルに陥ります。はじめに“関係性”をよくすること。するとチームメンバーの“思考”と“行動”を高めやすくなり、“結果”がついてきます」。斉藤氏の新刊『だから僕たちは、組織を変えていける』から、そのヒントを紹介します。

いま、企業内でのコミュニケーションに大きな変革が起きています。お酒を飲みながら職場の仲間と親交を深める「飲みニケーション」の支持率が急落しているのです。

日本生命保険が2021年11月に発表した調査結果では、回答者の6割が飲みニケーションを「不要」と答え、2017年の調査開始以来、初めて「必要」の割合を上回りました。新型コロナウイルス禍で、お酒に頼らない親睦の在り方を模索する人が増えているようです。

そもそも「お酒のチカラ」って何?

ですが、「お酒の場」はこれまではチームの相互信頼の関係を育むために、有効に活用されていました。その手段が使えなくなり、個を大切にする若者と関係を深めるにはどうすればいいのか、悩んでいるリーダーが増えているのです。

では、ビジネスパーソンが頼っていた「お酒のチカラ」とはなんでしょうか? それは「自己開示によって、メンバーの相互理解を促すチカラ」です。この段階を超えると、対人関係における「心理的安全性」がぐっと高まり、お互いに「本音で言いあえる間柄」になるのです。

あなたは、はじめて会った人とすぐに打ち解けて、本音を言えるタイプですか? 多くの場合、相手のことをよく知らないうちは、少なからず警戒することでしょう。「どんな人なんだろう」「なにを求めているんだろう」「自分にとって味方なのか敵なのか」など、いろいろな考えが渦巻く人も多いと思います。知らない相手に対して不安を抱くのは、ごく当たり前の心理です。

しかし、自分が相手に不安を感じるように、相手も自分に対して不安を感じているのです。それゆえ、お互い探り探りの付き合いになり、腹を割って話すことができず、お見合いのようなカタチになり、相互協力や助け合いも進みません。

次ページお酒のチカラなしに相互理解は可能なのか
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT