1年で7割高、コショウ価格上昇のワケ

2000年代後半から上昇トレンド定着

一方、生産はあまり増えていない。全世界の生産量は年30万トンで、産出国トップは年15万トンを担うベトナム。その歴史は意外に浅く、2000年以降にコショウの生産を増やしている。だが、「インドやマレーシアなど歴史的な生産国が、より効率よく儲かる天然ゴムやスズへの転業を進めている」(輸入商社)。新興国の消費拡大と産業高度化の両面がコショウの価格を押し上げ続ける構造だ。

加えて、2009年以降の世界的な金融緩和も価格を上昇させた要因。市場が小規模なので価格が操作しやすく、格好の投機対象になっている。

今年は天候不順も効いている。インドやインドネシア、マレーシアで長雨が続き不作。「インドは国内消費も多いため価格が急騰し、これが国際市況全体を牽引した面がある」(輸入商社)という。

じわり食卓に影響も

さて、食卓への影響はどうか。輸入原料のため、メーカーにとっては円安も打撃だ。家庭用のテーブルコショウは、中身よりも容器代や燃料費のほうが製品に占めるウエートが高いので、今のところ値上げに至っていない。

しかし、業務用はすでに値上げが始まった。在庫を持たず、注文に応じて提供するオーダーメードなので、調達価格はすでに高く、「これまでの販売価格ではまったくやっていけない」(大手スパイスメーカーの調達担当者)ためだ。

「食品加工向けは、これまで政策的に安く提供してきた得意先に、やむなく、昨年から値上げさせていただいた。レストランやホテルなどの外食向けも現在、値上げを検討している。各社とも同様の動きと聞いている」(同)

天候は一時的な要因としても、新興国の成長という価格が上昇しやすい構造がある。コショウは今後とも家計の負担増の一部となりそうだ。

「週刊東洋経済」2014年9月13日号<9月8日発売>掲載の「価格を読む」を転載)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。