料理店も"悲メ~"、ラム肉価格が急上昇

ヘルシー志向が追い風、13年初の1.5倍に

日本で消費されるラム肉の9割以上は豪州とニュージーランドからの輸入品だ(写真:矢部志朗/アフロ)

「本当に困ったものだ」。都内のジンギスカン料理店店主はラム肉の仕入れ価格高騰に頭を抱える。同店は1皿100グラムで、漬け込みバラを580円、肩ロースを680円で提供しているが、「今年になって、それぞれ100円値上げした」(同)。

同様に、食品スーパーも販売価格を引き上げている。マルエツは豪州産ラムの肩切り落としを100グラム当たり198円で販売しているが、「我慢しきれず、2~3カ月前に20~30円程度値上げした」(商品本部精肉部)。ライフコーポレーションも「仕入れ価格が昨年比1割程度上昇したため、この分は価格に反映させた」という。

オセアニアからの輸入が9割超

羊肉の中で、生後1年以内のものはラム、1年以上のものはマトンと分類される。国内で消費されるラム肉は9割以上が豪州とニュージーランド(NZ)から輸入され、日本ハム、アンズコフーズの大手2社が買い付けシェアの7~8割を握るとみられる。

ラムの価格が上昇し始めたのは、2013年初頭から。代表的なラムである豪州産の肩肉の直近の仕入れ値は1キログラム当たり1100~1200円と、2013年初頭比4~5割上昇しているもようだ。

次ページ価格上昇にちらつく"あの国"の影
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 精神医療を問う
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT