料理店も"悲メ~"、ラム肉価格が急上昇

ヘルシー志向が追い風、13年初の1.5倍に

日本で消費されるラム肉の9割以上は豪州とニュージーランドからの輸入品だ(写真:矢部志朗/アフロ)

「本当に困ったものだ」。都内のジンギスカン料理店店主はラム肉の仕入れ価格高騰に頭を抱える。同店は1皿100グラムで、漬け込みバラを580円、肩ロースを680円で提供しているが、「今年になって、それぞれ100円値上げした」(同)。

同様に、食品スーパーも販売価格を引き上げている。マルエツは豪州産ラムの肩切り落としを100グラム当たり198円で販売しているが、「我慢しきれず、2~3カ月前に20~30円程度値上げした」(商品本部精肉部)。ライフコーポレーションも「仕入れ価格が昨年比1割程度上昇したため、この分は価格に反映させた」という。

オセアニアからの輸入が9割超

羊肉の中で、生後1年以内のものはラム、1年以上のものはマトンと分類される。国内で消費されるラム肉は9割以上が豪州とニュージーランド(NZ)から輸入され、日本ハム、アンズコフーズの大手2社が買い付けシェアの7~8割を握るとみられる。

ラムの価格が上昇し始めたのは、2013年初頭から。代表的なラムである豪州産の肩肉の直近の仕入れ値は1キログラム当たり1100~1200円と、2013年初頭比4~5割上昇しているもようだ。

次ページ価格上昇にちらつく"あの国"の影
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。