もはやリア充、若者が自宅で励む「推しごと」事情 持て余す「おうち時間」を若者はこう活用する

印刷
A
A
③ オリジナルガーランド
身近な材料だけでつくったガーランド(写真:筆者提供)

オリジナルガーランドとは自作した旗や飾りのついたひも状の装飾品のこと。ガーランド自体はもともと、バースデーサプライズなどで利用されてきたが、最近は推しの写真や団扇などを挟んだオリジナルガーランドを作ることが、オタク層を中心に流行している。100円均一などの身近な材料だけで、グッズを挟むだけで完成する簡単さもあり、若者間で広がり始めている。

以上、さまざまな自宅での「推しごと」について紹介した。

「推しごと」の様子をSNSで発信することで、オタク仲間など新たな友人関係を築いている若者も多い。コロナ禍にあって、オフラインでの活動が制限されるなか、自宅で「推しごと」を行っている様子をSNSにアップすることで若者たちは推しに会えない寂しさを紛らわせながら、人との繋がりを保っている。

原田の総評:「リア充オタク」も増加

現役大学生の「推しごと」に関するレポートはいかがでしたでしょうか?

インターネットのなかった時代のオタ活は、多くの時間と労力とお金を注ぎ込まなくてはならず、ごく一部の人しか行うことができませんでした。
しかし今はネットやSNSやYoutTubeから楽に情報を入手できるようになり、昔で言うところのいわゆる「オタク」でなくても、ごく普通の若者たちが「オタ活」や「推し活」を行うことができるようになり、市場が大きく拡大しています。

中には「リア充オタク」と呼ばれる、ネットやSNS普及以前であればあまり存在しえなかったであろう、「リア充」と「オタク」と、それぞれ真逆の特徴を併せ持つ人たちも存在するようになっています(オタク市場についてご興味ある方は拙著『新・オタク経済』をご覧下さい)。

そして、コロナ禍では、その普通の若者たちによる「推し活」が家の中にまで及ぶようになりました。

コロナ禍で長らく苦しむエンタメ業界は、この普通の若者たちに根付いた「自宅」における「推し活」に注目することが、業界復活の一助になっていくかもしれません。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT