スマホ事業、ぜひ私に売ってください

<動画>夏野剛さんがSHとFに緊急アピール!

「そもそも、日本にはベースになる市場もあったし、技術もあった。なかったのはコンセプトと経営トップのリーダーシップ、決断する力。過去に作ったものを明確なコンセプトもないままに、作り続けたのが敗因だ。シャオミの躍進は、そのことを示しているのではないか」(夏野氏)。

まだ日本メーカーにもチャンス

かつて日本国内で大きな勢力を持っていたNECとパナソニックは事実上、スマホの新規開発から撤退している。年々止まらない赤字に耐えきれなかったわけだが、これはなぜなのだろうか。

日本のメーカーであれば技術も人材もそろっていた。しっかりとした経営さえあれば、シャオミより、もっと短期間に、もっと高いシェアを実現できていたのかもしれない。そう考えると、いかにももったいないではないか。最後に、夏野氏はこう呼びかける。

「シャープ、富士通のみなさん、もし経営能力がないのであれば、ぜひ僕に売ってください」

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 令和の新教養
  • 就職四季報プラスワン
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。