政府の起業家支援は、愚策のオンパレード!?

<動画>起業家に年収を保証してどうするのか・・・

経済産業省系のNEDO(独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)が、あまりにも革新的な支援プログラムを進めている。

なんと起業をすると給与が最大650万(1チームで3名分まで)、年間業務費 1500万円が2年間支給されるというものだ。これにより、ものづくりベンチャーの起業を後押しするというのだ。

起業には覚悟が必要

この記事は週刊『夏野総研』とのコラボレーションでお届けします

この支援策の問題点を夏野氏は次のように指摘する。「今の生活をすべて保証したうえで起業してください、というのは、よくある大企業の社内ベンチャー制度に似ている。なぜ社内ベンチャー制度がうまくいかないのかをよく考えるべき。覚悟がないままに起業をしても、うまくいくはずがない」。

では国が金銭的な支援をするのであれば、何をするべきなのか。「事業に失敗し借金にまみれて苦しむ起業家に対するセーフティネットを設けるべき。それによって再チャレンジを可能にするようにしたほうが、よほどいい」と指摘する。

音量にご注意ください
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 性暴力サバイバーの明日
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
不動産バブル崩壊前夜<br>あなたの街は大丈夫?

日増しに強まる「不動産価格は高すぎる」の声。融資姿勢の厳格化など、バブルは崩壊前夜の様相を呈している。投資市場と居住用実需の現場に迫るほか、首都圏主要駅別に2025年の地価を予測、下落率を一覧にした。