コロナ禍で大躍進「韓国式写真館」が流行するワケ

若者たちが集う新大久保のお店に行ってみた

今人気の「韓国式証明写真」。その実際とは?(写真提供:MJ PHOTO STUDIO)
この記事の画像を見る(6枚)

「安価でプリクラより盛れる」という、「韓国式証明写真」が話題になっている。従来の証明写真とは違い、カラフルな背景色で強めのライトをあてながら撮影。韓国風のレタッチを行うのが特徴だ。

利用者は20代女性が中心だが、「少し印象を変えてみたい」「若々しく見せたい」という40代〜50代以降の男性客も多いという。

日本でいち早く「韓国式証明写真」のシステムを展開した「MJ PHOTO STUDIO」共同オーナーの辻幸恵氏は、韓国の写真館で働いた経験を持つ。「日本でも人気が出るはずだ」と確信し、韓国カルチャー好きのメッカである新大久保に1店舗目を構えた。

コロナ禍では韓国に気軽に旅行もできず、「韓国気分を味わいたい」という若者に一気に広まった。口コミやインフルエンサーの発信の後押しもあり、横浜元町、大阪北堀江にも出店した。

 記者が体験してみた

46色から選べる背景(写真:筆者撮影)

撮影前にはカウンセリングシートが配布され、「清潔」「可憐」などの項目から仕上げのイメージを決める。基本の「韓国式証明写真」プランだと、背景も46色から選ぶことができるのが特徴だ。

撮影機材の詳細は企業秘密ということだが、オーナーが現地の写真館で学んだライティング技術が集約されている。照明機材も、独自の改造をしているそうだ。

強力なライティングで撮影してくれる(写真:筆者撮影)
次ページそしてできあがった筆者の写真は…!
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT