コロナ禍で大躍進「韓国式写真館」が流行するワケ 若者たちが集う新大久保のお店に行ってみた

拡大
縮小
今人気の「韓国式証明写真」。その実際とは?(写真提供:MJ PHOTO STUDIO)
この記事の画像を見る(6枚)

「安価でプリクラより盛れる」という、「韓国式証明写真」が話題になっている。従来の証明写真とは違い、カラフルな背景色で強めのライトをあてながら撮影。韓国風のレタッチを行うのが特徴だ。

利用者は20代女性が中心だが、「少し印象を変えてみたい」「若々しく見せたい」という40代〜50代以降の男性客も多いという。

日本でいち早く「韓国式証明写真」のシステムを展開した「MJ PHOTO STUDIO」共同オーナーの辻幸恵氏は、韓国の写真館で働いた経験を持つ。「日本でも人気が出るはずだ」と確信し、韓国カルチャー好きのメッカである新大久保に1店舗目を構えた。

コロナ禍では韓国に気軽に旅行もできず、「韓国気分を味わいたい」という若者に一気に広まった。口コミやインフルエンサーの発信の後押しもあり、横浜元町、大阪北堀江にも出店した。

 記者が体験してみた

46色から選べる背景(写真:筆者撮影)

撮影前にはカウンセリングシートが配布され、「清潔」「可憐」などの項目から仕上げのイメージを決める。基本の「韓国式証明写真」プランだと、背景も46色から選ぶことができるのが特徴だ。

撮影機材の詳細は企業秘密ということだが、オーナーが現地の写真館で学んだライティング技術が集約されている。照明機材も、独自の改造をしているそうだ。

強力なライティングで撮影してくれる(写真:筆者撮影)
次ページそしてできあがった筆者の写真は…!
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT