中国の「鋼材価格」、10月から2割超急落の深刻度

マンション着工減や自動車減産で需要が後退

マンションの新規着工減少などにより、中国では10月から鋼材需要の後退が顕著になっている(写真は安徽省合肥市で建設中のマンション群)

中国で鉄鋼製品の価格がにわかに急落している。11月12日の鋼材市場では(建物の鉄筋などに使われる)異形棒鋼の先物価格が1トン当たり4249元(約7万5844円)と、10月の最高値の5808元(約10万3673円)より27%低下した。同じく熱延コイルは1トン当たり4547元(約8万1164円)と、最高値の5833元(約10万4119円)から22%下がった。

「価格の下降圧力は第3四半期(7~9月)からかかり始めた。10月に入って鋼材需要の後退が顕著になり、値下がりに拍車がかかっている」。中国鋼鉄工業協会の副会長を務める駱鉄軍氏は、11月12日に開催された鉄鋼業界のフォーラムでそう語った。

駱氏が言うように、直近の価格急落の主因は鋼材消費の低迷だ。証券大手の国信証券が11月8日に発表したレポートによれば、不動産業に対する金融機関の融資抑制で(大量の鉄筋が使われる)マンションなどの新規着工が減少している。地方政府のインフラ整備の資金調達手段である「専項債」も発行ペースが落ち、公共工事の一部がスローダウン。さらに、世界的な半導体不足で自動車メーカーも減産を余儀なくされている。

粗鋼生産が減少しても製品在庫は増加

中国鋼鉄工業協会の統計によれば、主要鉄鋼メーカーの2021年10月下旬の製品在庫は1284万5000トンと、前月より7.45%増加した。2021年初頭との比較では、在庫の増加率は10.53%と2桁に上る。

気がかりなのは、鉄鋼メーカーの生産量が(中国政府のエネルギー消費抑制政策の影響で)減少しているにもかかわらず、製品在庫の増加が止まらないことだ。中国国家統計局のデータよれば、中国の2021年9月の1日当たり粗鋼生産量は245万8300トンと、8月より8.45%減少。1年前との比較では21.2%も減っており、過去3年間で最低を記録した。

本記事は「財新」の提供記事です

粗鋼生産の減少に伴う原料需要の縮小で、鉄鉱石の市場価格も大幅に下落している。中国国内市場の11月12日の先物価格は1トン当たり546.5元(約9755円)と、2021年5月中旬につけた最高値の1358元(約2万4240円)より6割も安い。

(財新記者:趙煊)
※原文の配信は11月13日

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT