嫌われる人の「イラっとする会話」よくある4大NG

頭ごなしで話を聞かず上から目線で相手を無尊重

名著で紹介されていた意見をまとめると、

・話す(自分の話)…2、3割
・聞く(相手の話)…7、8割

がひとつの目安です。

この割合だと、「相手の話を聞いてばかり」と思うかもしれませんが、客観的にその会話を見ると、両者が半々で話しているような印象です。

「聞く」を大切にしたほうが会話は弾む

「話し上手は聞き上手」ということわざがあるように、「話す」より「聞く」を大切にしたほうが、会話は弾みます。

嫌われる会話の共通点3 上から目線でアドバイスする

上司と部下、正社員・契約社員・パート社員、発注者と受注者など、責任や役割・立場の違いで関係性や態度を変える人がいます。

しかし、役職や肩書、年齢は上下関係を示すものではないため、「○○が××よりもエライ」わけではありません。

対等な関係とは、「お互いが敬意を持つ関係」のことです。

どんな関係性の相手とも、敬意を持ち合い、対等な関係を築きましょう。

「おまえの考えも聞きたいから、メシに連れていってやるよ」

「今回のプレゼン、まあまあだな。もっと○○しろよ」

たとえば、上記の2つは、「上から目線の言葉」です。

人は、強すぎる命令や、一方的な評価を嫌います。

「命令」ではなく「確認」する。「評価」ではなく「提案」する。

それだけで、多くの人は要望や意図を理解できます。

嫌われる会話の共通点4 相手の理解度を無視する

テレビのバラエティ番組等で専門家がコメントをする際に、何を話しているのかを理解できないことがあります。

『「話し方のベストセラー100冊」のポイントを1冊にまとめてみた。』(日経BP)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら

おもな理由は、

「難解な専門用語が頻出している」

「前提となる知識が相手(視聴者)にない」

からです。

テレビの場合は、話し手(出演者)と聞き手(視聴者)が明確に分かれる一方的なコミュニケーションですが、会話は、話し手と聞き手が入れ替わる、双方向のコミュニケーションです。

自分が話しているときにも、相手からの共感のサイン(=「相づち」や「うなずき」)を見て、相手の理解度を把握するようにします。

また、何について話すのか(話題)や、結論を最初に伝えるようにすると、相手にも理解の土台ができるため、理解度が高まります。

会話は、人間関係構築のかなめです。

4つの共通点からの学びを活かし、信頼され、好かれる人の話し方を身につけていきましょう。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT