中国で深刻化する労働争議、対処療法に終始してきた現地労務管理のツケ


同じフレーズを今年の4月、再び広東省仏山でも聞くとは思わなかった。

企業やマスコミがストライキのいちばんの原因として挙げる「権利意識の目覚め」とは程遠いところで起こっていることも確信した。きっと十数年後も同じフレーズを中国で聞くことだろう。

この20年、中国事業の拡大に人事労務のエキスパート育成が遅れたという言い訳をしている場合ではない。対処療法しかやってこなかった人事労務政策のツケはいまも在中国日系企業に重くのしかかっている。

(アジアにじゅういち代表取締役 白水和憲 =東洋経済HRオンライン)

人事・労務が企業を変える 東洋経済HRオンライン

 

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。