中国で深刻化する労働争議、対処療法に終始してきた現地労務管理のツケ


同じフレーズを今年の4月、再び広東省仏山でも聞くとは思わなかった。

企業やマスコミがストライキのいちばんの原因として挙げる「権利意識の目覚め」とは程遠いところで起こっていることも確信した。きっと十数年後も同じフレーズを中国で聞くことだろう。

この20年、中国事業の拡大に人事労務のエキスパート育成が遅れたという言い訳をしている場合ではない。対処療法しかやってこなかった人事労務政策のツケはいまも在中国日系企業に重くのしかかっている。

(アジアにじゅういち代表取締役 白水和憲 =東洋経済HRオンライン)

人事・労務が企業を変える 東洋経済HRオンライン

 

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • 今日も香港から
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。