COP26に大規模デモの危機回避不十分という怒り

大半の内部関係者も進展不十分との見解に同意

国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)が開かれている英グラスゴーで先週末、大規模なデモが行われた。プラカードを掲げた市民らはCOP26会場周辺を行進し、気候変動対策の現在の進展状況では危機回避に不十分だとして、より積極的な行動を訴えた。

COP26会場周辺を行進するデモ隊Photographer: Emily Macinnes/Bloomberg

大半の内部関係者も気候変動対策の進展は不十分との見解に同意している。各国政府や企業、資産運用会社は排出削減への取り組みを強めているものの、COP26で各国が示した排出削減目標が実際に最大限実行されたとしても国際的枠組み「パリ協定」が掲げた、今世紀末までの世界の平均気温の上昇幅を産業革命前と比べて1.5度以内に抑えるとの努力目標には届かない見通し。

COP26が最終週に入る中、これまでの会合での主要課題の現状は以下の通り。

排出削減目標の引き上げ

パリ協定の一環として各国は2015年、温室効果ガス排出の削減目標を5年ごとに更新することで合意した。世界の企業や金融機関などで構成されるエネルギー移行委員会(ETC)の分析によると、COP26の期間中ないし開催前に各国が示した削減目標が実行された場合、2030年までに年間の二酸化炭素(CO2)換算の排出量は90億トン減少する見込み。しかし1.5度目標の達成にはなお年130億トンの削減が必要だ。

次ページ脱石炭の取り組み難航
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT