今年の秋、あまりにも寒暖差が激しかった理由

この冬はラニーニャ現象で厳しい寒さに

10月前半と後半では様変わり、夏から冬へと切り替わったようでした(写真:Ushico/PIXTA、A-RIZE/PIXTA)

今年は10月になっても熱中症に警戒が必要な暑さに見舞われました。半袖の出番が続き、衣替えのタイミングが掴みづらく感じられた方もいたでしょう。

しかし、10月後半になると一気に冬を感じるほどの寒さに。これほど寒暖差が大きくなったのはなぜでしょうか。

10月前半は記録的な暑さ

10月前半は、北日本から沖縄・奄美まで、全国的に平年より気温が高くなりました。

地域平均気温平年差の経過(出所:気象庁)

(外部配信先では図表や写真などを全部閲覧できない場合があります。その際は東洋経済オンライン内でお読みください)

特に西日本は、10月上旬の平均気温が平年より3.0℃高く、1946年の統計開始以来1位の記録を更新しています。

10月初旬は真夏のような暑さでした(写真:A-RIZE/PIXTA)

10月2日は、東京で30.1℃の真夏日になりました。

3日は、日田(大分県)で最高気温35.3℃を観測。10月に35℃以上の猛暑日になったのは、九州では初めてのことです。

4日は、札幌27.5℃、弘前(青森県)28.6℃、宮古(岩手県)30.5℃など、北日本で10月としては観測史上最も高い気温が続出しました。

鹿児島は、14日まで25日連続で30℃以上の真夏日となり、秋(9〜11月)の真夏日連続記録を更新。秋になっても、暑さが記録的に長く続いたといえます。

どうして記録的な暑さになったのでしょうか。

次ページ暑くなった理由
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT