イスラエル、ガザ「戦略爆撃」の愚劣

罪なき民間人を爆殺しても勝利は来ない

ナレーションはありません、8月下旬、ガザとの国境地帯から戦車部隊を引き上げるイスラエル軍の様子を捉えた動画です(ロイター提供、音量にご注意ください)

イスラエルがガザ地区で前々回の戦争を展開していた2009年、アヴィグドール・リーベルマン外相(当時)は同紛争を太平洋戦争になぞらえ、コストのかかる地上侵攻の必要はなく、空爆で敵を降伏させることができるとした。

なぜ民間居住区を爆撃するのか

言語道断だが、比較自体は完全に間違っているとはいえない。ハマスが支配するガザ地区に関するイスラエルの戦略は、当時も今も変わらず空中から最大限のダメージを与えるものだからだ。とはいえ百歩譲って、パレスチナの特殊部隊をイスラエルに潜入させるトンネルを閉鎖するための正当な理由がイスラエル側にあったとしても、それは学校や発電所、病院、モスク、民間人が密集するエリアを爆撃する理由になりえない。

爆撃の公式な理由は、パレスチナのミサイルが民間人エリアに隠されているというものだ。それがうそだと言うつもりはない。だが、イスラエルのリーダーたちを見ていると、まるでガザ地区とその住民を爆撃することでパレスチナ人の心を折ることができると信じているようにも思える。いつかは彼らも嫌気が差し、あきらめ、あわよくば彼ら自身を支配する者に反抗し始めるのではないか、と。

かつて「戦略的爆撃」あるいは「テロ爆撃」と呼ばれた手法だ。「生命中枢」を破壊して、人の気力を失わせることを目的とした、戦争時の戦略だ。

その最も凄惨な例は1945年8月、米国による広島および長崎への原爆投下という形で歴史に残っている。このことがリーベルマン氏の念頭にもあったのかもしれない。

戦略的爆撃の前例は数多くある。ナチスドイツは1940年、ドイツはロッテルダムの中心部を破壊した。ロンドンやバーミンガム、コベントリーなどを広域にわたって破壊することで、英国人の士気をくじこうともした。1930年代、蒋介石率いる中国を降伏させられない日本は上海、重慶、漢口の爆撃に打って出た。

次ページひどい仕打ちを経験した日本
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 今日も香港から
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。