「新型MacBook Pro」は何がそれほどスゴイのか

16インチ最上位モデル「70万5800円」は格安?

14インチと16インチのサイズが用意されたMacBook Proの新シリーズ(写真:アップル基調講演ビデオより筆者作成)
この記事の画像を見る(5枚)

アップルはアメリカ時間10月18日(日本時間10月19日未明)にオンラインでイベントを開催し、新型となる高性能ノート型コンピューター「MacBook Pro」14インチ(23万9800円~)と16インチ(29万9800円~)を発表した。

これまでインテル製チップを搭載してきたが、新モデルではアップル自社製のチップに置き換え、高性能化と省電力化の両立を推し進めた。

オンラインイベントに登壇したアップルのティム・クックCEO(写真:アップル基調講演ビデオより筆者作成)

アップルは2020年6月の世界開発者会議「WWDC20」で、Macをインテルから自社製チップ「Apple Silicon」へ2年計画で移行させることを発表し、2020年にM1チップを搭載するMacBook Air、MacBook Pro 13インチ、Mac miniの3モデルを発表した。

2021年春には同じM1チップを用いてカラフルな新デザインの24インチiMacを登場させ、一体型デスクトップの自社チップ化に着手してきた。

エントリーモデルのラインナップをM1チップに置き換えたことで、プロ向けに匹敵する性能を備えながらもバッテリー持続時間が驚くほど長くなる進化を遂げたが、メモリー搭載量やグラフィックス、本体の拡張ポートの数などから、プロ向けのApple Siliconの登場が待たれていた。

今回のMacBook Proは、新しい2つのチップと、2つのサイズのディスプレーを備えた新デザインで、いくつもの問題解決に取り組んだ。

次ページM1の2つの進化形
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT