日本人が驚く「台湾」のハードすぎるゴミ捨て事情

ゴミ収集車が来たらダッシュで外に出る

台湾と日本ではまったく違うゴミ捨ての事情(写真:Ushico/PIXTA)

台湾で2人の男の子の子育て真っ最中の神谷知佳が台湾の育児事情などについてお届けします。今回は台湾生活で意外とハードな「ゴミ捨て事情」についてのお話。

台湾生活でネックな「ゴミ捨て」問題とは

日本人が台湾に住み始めると、いちばん始めにぶち当たる壁。それは「毎日のゴミ捨て」問題。

当記事は、Domani(ドマーニ)公式ウェブサイトの提供記事です

管理人さんが常駐しているマンションなどの場合は別ですが、一般的な住宅の場合、ゴミ捨て場がなく、地区別に決められたゴミ置き場もありません。そのため、台湾での毎日のゴミ捨てはとてもハードなのです。

決められた日時にゴミ収集車が来たら…

台湾のゴミ捨てのシステムですが、収集車を見つけたら、自分でゴミを収集車に持っていくシステムなのです。ゴミをまとめて置いておくと、収集車が持って行ってくれる日本とは逆ですね。

(写真:Domani編集部)

ゴミ収集車を「待つ」か「ダッシュで追いかける」

「どうやってゴミ収集車に持っていくのか?」ですが、決められた曜日の決められた時間に決められた場所にやって来るゴミ収集車を待つ、もしくは、「エリーゼのために」や「乙女の祈り」(地域によって曲が異なります)が、どこからともなく爆音で聞こえてくるので、その曲が聞こえたら毎日ダッシュで外に出て、ゴミ収集車を追いかけ、自分でゴミを放り込みます。

次ページ生ゴミの分別にもルールがある
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT