誰でも「服」を確実に減らせるたった3つの手順

捨てるか迷ったとき何を基準にすればいい?

捨てられずにため込んでいた衣類の、上手な手放し方を解説します(写真:InspirationGP/iStock)

新型コロナウイルスの影響は、この夏も続きそうだ。ゴールデンウイークがそうであったように、夏休みにも、「どうせ家ですごすなら、片付けでもするか」という方も多いだろう。そこで今回は、雑誌『ハルメク』で掲載した片付け特集の中から、不要品、なかでも捨てられずにため込む方が多い衣類について、上手な手放し方を解説したい。

すっきりクローゼットを作るには

「1回くらい着るかも」「捨てるにはもったいないかも」などの理由で、クローゼットは服であふれがちだ。とりわけ、雑誌『ハルメク』の読者層である60代、70代の女性たちは、暮らしてきた時間が長い分、「〇〇のときに着た記念の服」や、「思い切って買った高価な服」などが蓄積していて、なかなか捨てられない。

親から譲り受けた着物が、一度も着ないまま大量に眠っている方もいる。結果、クローゼットや引き出しが満杯になって服の出し入れが億劫になり、いつも手前にある同じ服ばかり着る羽目に──。こうなるとますます、何のために大量の服を残してあるのかわからなくなる。

大事なのは「今の自分」に必要な服だけを残すこと、裏を返せば「今の自分に必要のない服」は潔く手放すことだ。とはいえ、言うは易く行いは難しい。整理収納アドバイザーの井田典子さんが、服を手放すプロセスと考え方について、教えてくれた。

服を手放すためのたった3つのステップ

1. 範囲を決めて、服をすべて出す

まずは、減らしたいと思っているカテゴリー(例:スポーツウェア)や、片付けたいと思っている場所(例:引き出し1つ)など、範囲を決めて服を全部出す。範囲を絞ればそれほど労力はかからない。すべて出して1カ所に集めてみれば、活躍していない服、存在を忘れていた服などの多さに直面し、「捨てるスイッチ」が入りやすくなる。

2. 数を把握する

次に、Tシャツやパンツなど、カテゴリーごとに数を数える。そのとき「Tシャツ〇枚」とアイテム名と枚数を書き記してみると、現実を直視できるし、後で見返すこともできて便利だ。正しい数量を知ることで「持ちすぎている」ことを実感でき、「減らしても困らない」と覚悟が決まってくる。

3. 手元に残す服を選ぶ

最後は、残す服と手放す服に分けていく。服を広げたり、実際に触ることで、デザインは古くないか、シミはないか、「今の自分」が着たいと思える服かどうかを判断しやすくなる。迷ったときは、鏡の前で服を体に当ててみると客観的に判断できる。どうしても判断がつかないときは「保留ボックス」を作って入れておき、1年後にもう一度確認を。「この1年、結局着なかったな」とわかれば、手放す踏ん切りがつきやすくなる。

次ページ手放すかどうか迷ったときの4つの基準
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。