いよいよ、「一段のドル高円安」がやって来る

低すぎる米国金利反転、為替のこう着状態終了か

そもそも潜在成長率を正確に計測するのは極めて難しいし、それがどの程度各国で低下しているか確かな説明はない。

「潜在成長率の低下」によって、金利低下が説明されている現在の状況は、むしろ債券市場で過熱感が高まっていることを示していると筆者は考えている。

FRBが2015年の政策金利引き上げに向けて、想定どおりに準備を進める中で、下がり過ぎた長期金利は上昇するだろう。 加熱気味な債券市場よりも、最近の為替市場でのドル円相場の値動きが、各国の経済状況と各中銀の金融政策のスタンスをより正確に反映しているのではないかと、筆者は考えている。

ドル高円安の地合いは強い

2014年前半はほぼ連動していたドル円レートと米10年金利は、7月半ばから連動性が薄れている。米10年金利は年初来の水準まで低下する一方で、ドル円は円高に振れず、むしろ103円台~104円前後までドル高円安に動いている。

8月4日のコラム(「ドル円相場は『緊張の夏』を迎えている」)では、「米国経済回復+日本経済停滞」の構図が鮮明になるとお伝えした。予想どおりに日本の4~6月GDP統計は、個人消費が大きく下振れ、早すぎた消費増税が日本経済の大きな足かせになっていることが判明した。こうした状況を背景に、為替市場でドル高円安が進むと考えたが、実際にはさほど円安になっていない。

ただ、債券市場で米国金利がこれほどまでに大きく低下していても円高になっていなことを踏まえれば、ドル高円安の地合いは強いと言える。今後、低下し過ぎた米国金利が上昇すれば、円安に弾みがつき、ドル円は膠着状態を脱する可能性がある。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT