米中対立で日本が生き残るための「西太平洋連合」

2大国にものを言える柔らかな国家連合の構想

クワッドがパンデミックや気候変動への対応、サイバーや技術協力など幅広い分野での日米豪印の協力を追求する枠組みと位置付けるならば、AUKUSは軍事的な安全保障に焦点を当てた枠組みである。英国という域外国も招き入れインド太平洋において中国の台頭を許さないというアメリカの強い意志を明確にしている。英国としても、EU離脱後の英国の戦略的方向性を今年3月、「統合レビュー」として打ち出した。その延長線上にAUKUSはあると見るべきである。

「西太平洋連合」構想

さて、西太平洋連合(以下、WPU)とはどういうものなのか。

成田からシドニー行きの飛行機に乗り込むと眼下に見えてくる西太平洋の海は明るく、きらめいて、美しい。しかし、その平和な光景も80年前は日本軍と連合軍が死闘を演じた戦跡の連続でもある。硫黄島~グアム・テニアン~トラック諸島~パプアニューギニア~ラバウル~珊瑚海、そして豪州大陸である。WPUはまさにこれらの地域と連携しようという構想である。

こうした発想は古くから存在する。戦前の大東亜共栄圏もその1つに挙げられよう。戦後では、梅棹忠夫が1975年頃に「西太平洋同経度国家連合」を提唱した。日本は西にある大陸ばかりに関心を払ってきたが、西ではなく南にある海に関心を持つべきであると提唱した。

特に、梅棹は、南北のアメリカ大陸、そして、北の欧州と南のアフリカが深い関係で結ばれているように、南北の同経度の国家の連結の必要性を指摘している。

そして、現在、WPUを提唱しているのが北岡伸一である。その1つの特色は、米中両大国をWPUに加えていない点である。

この構想は、西太平洋を米中による大国間競争の主戦場にしてはならないという理念に基づく緩やかな国家連合であるべきであろう。二大国にものを言える国家連合を作ろうという発想である。

そして、その要となるのは、地理的な特性から自ずと東南アジア・南シナ海になる。同地域は、北は日本から南は豪州までの同経度の中間に位置するとともに、太平洋とインド洋のちょうどつなぎ目に位置するからである。この地域は軍事的な観点からも米中がせめぎ合う戦略的要衝である。

だからこそ、軍事的緊張を高めず、航行の自由が保障され、東西南北の通商の接点として平和で繫栄する地域にすることが日本の国益にも合致するのではないだろうか。

今後、インド太平洋を巡り地域連携の動きは一層強まるであろう。日本はFOIPの理念に基づき、クワッドやTPPなどの場において主導的な役割を果たすことが期待されている。WPUについても、日本はASEANや豪州とともにリーディングネーションとして、その具体化に向けて議論を牽引できる好位置にある。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT