「会社で働くしか稼ぐ手段がない」と思う人たちへ

知っておきたい資本家と労働者の関係

佐藤:プロレタリアートの肯定的な面は、労働者は土地や職業に縛り付けられていない、というところです。労働者はどこで働いていても、何を職業にしても自由です。しかし資本家は、自分の土地、会社などの資本があるので、気軽に動くことができません。シマオ君の会社のオーナーは、シマオ君のように転職を考えられると思いますか?

シマオ:まあ、それは考えられませんよね。自分の会社だし。

佐藤:そういうことです。しかし、一方で否定的な見方は残ります。それが、第二の自由である「労働力以外の生産手段からの自由」です。プロレタリアートは土地、道具、機械などの生産手段を持っていません。自分の労働力だけしかお金を稼ぐ手段がない。自分が働かないと何も生み出せないのです。このことをマルクスは「生産手段からの自由」と表現したのです。

シマオ:確かに。僕は特にこれといったスキルもないし、会社で働くしかお金を稼ぐ手段はないと思います。

それなりに豊かに暮らせる土壌が日本にある

佐藤:シマオ君のように、生産手段を持っていないプロレタリアートは資本家に雇ってもらわなくてはいけません。この自由は、否定的なニュアンスを持っていますし、この否定的な自由によって、資本家は労働者を搾取しやすくなるのです。

シマオ:搾取か……。

『仕事に悩む君へ はたらく哲学』(マガジンハウス)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

佐藤:その構図はおかしいと思ったマルクスは、プロレタリアートがブルジョワジーを倒し、共産主義へと発展していくという未来を描きました。革命は失敗に終わり、生き残ったのは資本主義の方でした。

シマオ:労働者と資本家の関係は、その後も続いているということですね。

佐藤:はい。ただ、労働以外の稼ぎを特に必要としない、階級のアップを求めない「プロレタリアート」で自分はいいんだと思ってしまえば、それなりに豊かに暮らせる土壌が今の日本にはあるんです。

シマオ:それなりに……か。

佐藤:シマオ君は先程、「搾取」と聞いて、落ち込んでいましたが、この話を聞くまで、 働いていて搾取されていると感じたことはありますか?

シマオ:え? 確かに、言われないと、特に何も思っていませんでした。まあ、働くってこんなものかって、そこまで不満はなく生きてきましたが。

佐藤:それはシマオ君が「自分の労働力を自由に売る自由」を手にしているという証拠です。それは決して悲観的なことではありませんよ。自分が搾取されているということに自覚的で、そこに不満があるならば、資本家になる選択をしてもいいでしょう。プロレタリアートの肯定的な自由を謳歌するのか、否定的な自由に憤り、そこから抜け出すのか。それは個人の自由です。

シマオ:そうか。そう考えると、僕は前者の方が楽かなあ。資本を持つために、頑張って時間を削って、と思うと疲れちゃうタイプだし。自分に合った働き方見つけることで、資本主義社会の中でも自分の幸せは見つけられるんですね。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT