千葉の酒屋が清澄白河で「角打ち」を始めたワケ

アルコール提供制限の影響を大きく受けたが…

次に同社の特徴として挙げられるのが多様な店舗展開だ。目的来店型の本店、駅ナカ、銀座一等地、ファッションビル内と、さまざまな用途、客層に訴える店舗展開を図っている。

IMADEYA SUMIDAの酒販コーナー。定番のお酒から、同社スタッフがセレクトしたものまで各種そろえられている(筆者撮影)

とくに2019年にオープンしたIMADEYA SUMIDAは「すみだフードホール」というフードコートの一角に設けられており、料理を楽しみながら一杯やれる“角打ち”が目玉の店として、多くの愛酒家を引きつけてきた。

角打ちは営業する側から言っても、販売のみの店舗に比べ、一杯売りに加えおつまみの利益が見込めることから生産性が高い。客の好みを直接見聞きできるためマーケティングにも有利だ。

アプリと連動した店舗

そして8月5日には、コロナの社会状況での新たな試みとして、角打ちのできる小さな店「いまでや 清澄白河」をオープンした。

同店はさまざまな意味でユニークな店だが、まずサービス面での特徴を挙げると、開店とともにリリースした新ECサイト・アプリ「はじめの100本」と連動していることだ。

これは「はじめの」とあるとおり、お酒の初心者が楽しめるサービス。店舗にそろえているのは、同社従業員が初心者にこそ勧めたい100本のみである。もちろんその店舗でも購入できるが、ウェブやアプリを通じて会員登録するとお酒選びをサポートするサービスが利用できる。

アプリ「はじめの100本」で、「愛嬌がある」というタグで検索した結果(筆者撮影)

日本酒、ワインなどのカテゴリーでも選べるほか、「親しみやすい」「大人っぽい」といった“お酒の性格”によってタグ付けがされており、感性的な選び方ができる点で新しい試みと言える。また、自身の飲酒履歴や感想を書き込むことができるほか、ほかのユーザーのレビューも参考にすることができる。もちろん店舗に行かずとも、そのままタップし購入が可能だ。

お酒の味の選定基準というと、例えば日本酒なら甘い辛い、スッキリ、どっしりなどがあるが、実のところ、お酒を飲み慣れていない初心者にはわかりにくい。「はじめの100本」ではそうした既存の基準をあえてなくし、難しく考えずに選べるようになっていることがポイントだ。

同アプリのダウンロード数は約2000件、会員数は1488人、また週ごとに100件程度はレビューがアップされているという。

次ページ「若い人の酒離れ」への対策
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT