国旗を背負って戦う、世界アマゴルフ

未来のタイガーや松山英樹が出るのになぜ不人気?

世界アマチュアゴルフチーム選手権が、9月初旬(3日から)、軽井沢72で行われる。日本での開催は、1962年川奈ゴルフで開催されて以来52年ぶりのことだ。そして84年香港大会で日本男子チームが優勝している(2位は2回)。

この大会は、男子はアイゼンハワー・トロフィと呼ばれ、女子は、エスピリトサント・トロフィと呼んでいる。もともとアイゼンハワー・トロフィが生まれたのは、57年カナダ・カップ(現ワールドカップ)を霞ヶ関カンツリー倶楽部で開催したとき、当時の日本ゴルフ協会副会長・野村駿吉氏が、アマチュアの国別対抗戦を提案したことがきっかけだった。そして58年当時の米大統領アイゼンハワーが大のゴルフ好きでスポーツの理解者だったことで、その名前がついた由来がある。

ところがすでに開催まであと1カ月を切った今年の大会。マスコミもゴルファーも、世界アマがあることすら知らないのが現状だ。また、日本代表選手が誰になるかが確定するのも、8月1日と非常に遅かった。

今年の大会は、男子72カ国、女子50カ国の参加が予定されている。選手は各3名。それにコーチ、監督、役員や国際ゴルフ連盟、全米ゴルフ協会など、関係者は総勢1000人になると予想されているのだ。

「背筋がピーンと伸びるというか、開会式が始まったときは、すごいところに参加してしまったなと思いましたよ。オリンピックの開会式ではないですけど、日の丸を背負う、日本代表で戦うという緊張感と凛とした気持ちは、今でも忘れません。世界アマという大会は、日本ではほとんどマスコミで報道されていないんですけど、それはそれはすごい大会なんですよ」と、過去11回日本代表として出場した阪田哲男は言った。

次ページ将来のスター選手が間近で見られるのに・・
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT