国旗を背負って戦う、世界アマゴルフ

未来のタイガーや松山英樹が出るのになぜ不人気?

世界アマチュアゴルフチーム選手権が、9月初旬(3日から)、軽井沢72で行われる。日本での開催は、1962年川奈ゴルフで開催されて以来52年ぶりのことだ。そして84年香港大会で日本男子チームが優勝している(2位は2回)。

この大会は、男子はアイゼンハワー・トロフィと呼ばれ、女子は、エスピリトサント・トロフィと呼んでいる。もともとアイゼンハワー・トロフィが生まれたのは、57年カナダ・カップ(現ワールドカップ)を霞ヶ関カンツリー倶楽部で開催したとき、当時の日本ゴルフ協会副会長・野村駿吉氏が、アマチュアの国別対抗戦を提案したことがきっかけだった。そして58年当時の米大統領アイゼンハワーが大のゴルフ好きでスポーツの理解者だったことで、その名前がついた由来がある。

ところがすでに開催まであと1カ月を切った今年の大会。マスコミもゴルファーも、世界アマがあることすら知らないのが現状だ。また、日本代表選手が誰になるかが確定するのも、8月1日と非常に遅かった。

今年の大会は、男子72カ国、女子50カ国の参加が予定されている。選手は各3名。それにコーチ、監督、役員や国際ゴルフ連盟、全米ゴルフ協会など、関係者は総勢1000人になると予想されているのだ。

「背筋がピーンと伸びるというか、開会式が始まったときは、すごいところに参加してしまったなと思いましたよ。オリンピックの開会式ではないですけど、日の丸を背負う、日本代表で戦うという緊張感と凛とした気持ちは、今でも忘れません。世界アマという大会は、日本ではほとんどマスコミで報道されていないんですけど、それはそれはすごい大会なんですよ」と、過去11回日本代表として出場した阪田哲男は言った。

次ページ将来のスター選手が間近で見られるのに・・
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT