ゴルファーは、自分の個性を磨け

「全米」や「全英」で世界と互角に渡り合うには?

「心」「技」「体」。スポーツの世界でよく耳にする言葉ですが、この順番が気になってましてね。最初に来るのは「体」だろうって思ってるんですよ。体が十分でないと、技も身に付かないし、気力も衰えるってね。

実は、ご報告が遅くなったけど、今年の春先から夏場にかけてひざを痛め、というより長年の過労だね。13週間も、ゴルフはドクターストップ。ゴルファーがクラブを振れないって、こんなにつらいものかって、忍耐の日々でしたね。

でも、解禁に向かってトレーニングは欠かさなかったんで基礎体力が以前よりアップ、今後は体とワンストロークを大切にゴルフを続けたいと思います。

といったこの期間に全米オープンと全英オープンに行ったんでじっくり世界のトップのゴルフを見せていただきました。

次ページ世界のトップたちはどこが違うのか?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。