ゴルファーは、自分の個性を磨け

「全米」や「全英」で世界と互角に渡り合うには?

「心」「技」「体」。スポーツの世界でよく耳にする言葉ですが、この順番が気になってましてね。最初に来るのは「体」だろうって思ってるんですよ。体が十分でないと、技も身に付かないし、気力も衰えるってね。

実は、ご報告が遅くなったけど、今年の春先から夏場にかけてひざを痛め、というより長年の過労だね。13週間も、ゴルフはドクターストップ。ゴルファーがクラブを振れないって、こんなにつらいものかって、忍耐の日々でしたね。

でも、解禁に向かってトレーニングは欠かさなかったんで基礎体力が以前よりアップ、今後は体とワンストロークを大切にゴルフを続けたいと思います。

といったこの期間に全米オープンと全英オープンに行ったんでじっくり世界のトップのゴルフを見せていただきました。

次ページ世界のトップたちはどこが違うのか?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ドンキの正体<br>次代の流通王か永遠の異端児か

かつての「ヤンキーのたまり場」ドン・キホーテが破竹の攻勢をかけている。総合スーパーへの居抜き出店などで品ぞろえも客層も拡大、海外出店も加速する。一方、不動産事業や深夜営業では非常識ぶりを温存。異端児の知られざる実態を解明する。