ゴルファーは、自分の個性を磨け

「全米」や「全英」で世界と互角に渡り合うには?

「心」「技」「体」。スポーツの世界でよく耳にする言葉ですが、この順番が気になってましてね。最初に来るのは「体」だろうって思ってるんですよ。体が十分でないと、技も身に付かないし、気力も衰えるってね。

実は、ご報告が遅くなったけど、今年の春先から夏場にかけてひざを痛め、というより長年の過労だね。13週間も、ゴルフはドクターストップ。ゴルファーがクラブを振れないって、こんなにつらいものかって、忍耐の日々でしたね。

でも、解禁に向かってトレーニングは欠かさなかったんで基礎体力が以前よりアップ、今後は体とワンストロークを大切にゴルフを続けたいと思います。

といったこの期間に全米オープンと全英オープンに行ったんでじっくり世界のトップのゴルフを見せていただきました。

次ページ世界のトップたちはどこが違うのか?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT