ゴルフトーナメントに重要なもの

ヤマハとヤマハ発動機社員の「おもてなし」に感動

女子プロツアーの、ヤマハレディースオープン葛城の大会に少し携わることになって、ほぼ1週間、大会会場にいた。

昨年の大会で地上波の中継をやめて、BS朝日とインターネット中継を軸に長時間の放映をし、ゴルフ関係者たちの注目を浴びたことでも有名である。

実は、その中継や、初日から4日間、30分番組を構成して、その日のハイライトやゲームの流れ、そして翌日の展望などを夜8時にネットで流す役割をしていた。それは成功裏に終わった。

ところで、トーナメント期間中にふと思ったことがある。僕がゴルフマスコミの世界に入った1970年代初頭から、トーナメントが一気に伸びた。ジャンボ尾崎、そして青木功などのスーパースターがいたからだ。

その時期からトーナメントというイベントもどんどん進化して、ギャラリーが歩く・観戦するゾーンを、選手のプレーを妨げないように区分けする、ローピングという方法を米ツアーから見つけてきて採用した。

さらにギャラリースタンドやギャラリー広場といった売店などができて、施設や運営マニュアルなどは、どんどん成熟し、バブル時代は、資金に飽かせて豪華になった。

しかしその後、トーナメントに関する運営マニュアルにしても、仕組み、仕掛けにしても、すでにバブル時代からバジェットの細目金額が減っただけでなく、進化は止まったと思っていい。

それに加えて、地上波のテレビ中継は録画がほとんどで、ライブで放映することもなくなってしまった。視聴率が取れないというのが、おそらく大きな理由だろう。

そこで登場したのがBS放送とインターネットである。ヤマハレディースは、その先駆者であり、さらなる進化を追い求めている。

でも……と思う。それらも重要なことだけれど、僕がいちばん感心したことが一つある。

早朝から、ギャラリーがコースへ入ってくる動線に、ジャンパーを着て丁寧に「おはようございます。気をつけて行ってらっしゃい。今日一日、楽しんできてください」と深々と頭を下げて誘導するスタッフが20人ほどいたのである。その声を聞きながらスタートホールへと向かっていく。こんなすがすがしいホスピタリティをトーナメントで見たことがない。

聞けば、アルバイト学生ではなく、ヤマハとヤマハ発動機の新人社員たちだった。新入社員教育を兼ねた研修なのだろう。

進化とは、なにも技術や金銭に頼るだけではなく、最後はマンツーマンのコミュニケーションだと思う。もう一度、ゴルフトーナメントを考えるときには、まず初めの一歩から考え直す必要があると思う。

週刊東洋経済 5月24日号

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT